ルイ・ヴィトン新コネクテッド ウォッチ「タンブール ホライゾン」フライト時間&観光情報を配信

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)から、新作コネクテッド ウォッチ「タンブール ホライゾン」が登場。発売日は2017年7月11日(火)。

 

旅のブランドとして、バッグ、キャリー、スーツケース、小物など、トラベラーに向けたアイテムを提案し続けているルイ・ヴィトンが、新たに提案するのは新作コネクテッド ウォッチ「タンブール ホライゾン」。電話、テキストメッセージ、Eメールの着信通知、アラーム、カウントダウンタイマー、天気情報、歩数計といった機能に加えて、トラベラーに向けて2つの新機能を搭載させた。

一つは、「マイフライト(My Flight)」。フライトの時刻やターミナル・ゲート情報、フライト遅れの通知、着陸までの残り時間など、飛行機で移動する際に必要な情報をこれ1本で確認可能に。またもう一つの独自機能「シティガイド(City Guide)」も搭載。ルイ・ヴィトンが編集したタブレット・スマートフォン向けのシティガイドアプリと連動させ、世界7都市の名所、見所、最寄りのレストラン&ホテルなどの情報をリアルタイムで配信する。これら2つは、他のコネクテッド ウォッチには存在せず、旅をよりスムーズに楽しいものにしてくれるルイ・ヴィトンらしい機能。

 

またデザインは、グラファイト、モノグラム、ブラックと3つのバージョンで展開。いずれも直径わずか42mmの円形ケースで洗練された印象だ。ストラップ部分は付け替え可能で、メンズ・ウィメンズそれぞれ30種類、合計60種類を用意。ストラップとダイアルは取り変えできるので、組み合わせ次第で、自分だけのオリジナルデザインを楽しめるようになっている。

発売を記念し、カトリーヌ・ドヌーヴ、ミランダ・カーなどの12人のセレブリティが登場するスペシャルムービーが公開。日本からは市川海老蔵が出演している。

from https://www.fashion-press.net/news/32024

イッセイ ミヤケ ウオッチの新作腕時計「 f エフ」白と黒、2種の文字盤に24時間表示のインデックス

イッセイ ミヤケ ウオッチ(ISSEY MIYAKE WATCH)の新シリーズ「 f エフ」全4モデルが、2018年6月9日(土)に発売される。

イッセイ ミヤケ ウオッチのプロジェクト17番目のモデルとしてリリースされる、プロダクトデザイナー・岩崎 一郎による「 f エフ」。同シリーズの特徴は、「AM face」と「PM face」、それぞれ1日を表す2つの“face=(顔)”を、ダイヤル上の外周と内周で表現した24時間表示の文字盤。

例えば、前者の「AM face」は、爽やかな白の仕上げをベースに、午前を意味する1〜12の数字を中心にした、スッキリとした配置に。一方、後者の「PM face」は、精悍な黒の文字盤に、13〜24の数字をメインに配置することで、活動的なニュアンスを表現。時計の時間表示と、着用者の1日のストーリーを重ねるというデザインアプローチだ。

ストラップはシックなカーフレザーと、カジュアルなナイロン製の2種で展開。それぞれ白と黒の2種類の文字盤を合わせた、全4種のラインナップとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/39897

ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計「パトリモニー」新作、ブルー×ゴールドの洗練された1本

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)の腕時計「パトリモニー・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」より新作が登場。2019年6月より、ヴァシュロン・コンスタンタンのブティック限定で発売される。

「パトリモニー・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」は、ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計コレクション「パトリモニー」を代表する高機能モデル。文字盤では、時刻、ムーンフェイズ、永久カレンダーの曜日、日付、48か月周期による月と閏年の情報を一度に把握することが出来る。

そんな「パトリモニー・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」において最大の特徴となるのが、永久カレンダー機能だ。4年を周期とする閏年のサイクルを基本にして、月の日数の31日・30日・28日を計算し、カレンダーを全て自動で調整。2100年3月1日まで人為的な修正を必要とせずに、正確な日付を表示し続ける。

複雑な永久カレンダー機構を搭載しながらも、内蔵されるキャリバー1120 QPの厚さはわずか4.05ミリメートル。ブランドの持つ高い技術力の表れともいえるムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタンのシンボル“マルタの十字”をオープンワークで象った自動巻きローターや、高級時計製造における最高基準に準拠する高級仕上げが施された部品で構成される。

今回登場する新作の「パトリモニー・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」」は、ピンクゴールドのケースとサンバーストサテン仕上げのブルー文字盤の組み合わせが絶妙な相性を見せる1本。ストラップには、表裏ともに高級感を演出するアリゲーターレザーを使用。上品でありながら、ミニマリズムに基づいた、シンプルで洗練されたルックスに仕上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/49731

セイコー ルキア×ピエール・エルメ限定コラボウオッチ、2つの人気ソフトクリームを腕時計に

セイコー(SEIKO)のセイコー ルキアから、パティシエ ピエール・エルメとのコラボレーションウオッチ第2弾が登場。2019年6月8日(土)より数量限定で全国発売される。

ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)のスイーツをセイコーのウォッチで表現する本コラボレーション。ブティックにて定番展開されているスイーツを表現した第1弾に続く第2弾では、 ピエール・エルメ・パリ 青山にて期間限定で登場するソフトクリームをイメージした腕時計がラインナップする。


イスパハン(1,500本限定) 120,000円+税

「イスパハン」のウオッチには、ダイヤル上にスイーツを思わせるピンクサファイアを散りばめた。また、ソフトクリームに添えられたマカロンは、秒針にピンクを配して表現。7時の位置にバラの花びらをイメージしたハートを飾るなど、バラとライチ、フランボワーズが絶妙にマッチしたこだわりのスイーツを、細やかなデザインとカラーで表している。


サティーヌ(1,000本限定)120,000円+税

オレンジとパッションフルーツの生ケーキをソフトクリームで表現した「サティーヌ」。細部に配されたサファイアや秒針、文字盤のローマ数字など、オレンジカラーをポイントに採用した。また、時計全体のカラーには、レディゴールドを使用。7時位置にはイエローの星型パーツをあしらうなど、爽やかなフルーツをイメージしたカラーでまとめられている。

なお、各ウオッチの裏蓋には、それぞれのモデル名を大きく刻印。さらに、今回のコラボレーション限定となるオリジナルデザインBOXも付属する。

from https://www.fashion-press.net/news/49766

「ティファニー アトラス」新作レデース時計、ダイヤモンドをベゼルやインデックスに配した贅沢な1本

ティファニーの「ティファニー アトラス」コレクションから、24mm径の新作レディースウォッチが登場。


510,000円+税

ニューヨーク五番街のティファニー本店正面エントランスに設置されたアトラス像が掲げるアトラスクロック。「ティファニー アトラス」は、そのローマ数字から着想を得て誕生した、クリーンでシンプルなウォッチコレクション。1983年にティファニーの名誉デザインディレクター、ジョン・ローリングが初めてアトラスウォッチを手掛けて以来、35周年を迎える節目の年に、24mm径の新作レディースウォッチが仲間入りする。


735,000円+税 ※11月発売開始予定

新作ウォッチは、最高の輝きを放つラウンドブリリアントカットのダイヤモンドをリューズ、ベゼル、ローマ数字のインデックスに配した贅沢なデザインだ。

可憐に腕を包み込むストラップは、ブラックカーフとブラックアリゲーター、ステンレススチールのブレスレットタイプで展開。文字盤にはホワイト、アイスブルー、18Kローズゴールドといったカラーに加えて、ティファニーのダイヤモンドレガシーがさらに色濃く反映されたダイヤモンドパヴェデザインも登場する。

from https://www.fashion-press.net/news/44095

ディオール新作時計「ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ」ラピスラズリやマラカイトを用いた贅沢な1本

ディオール(Dior)から、新作ウォッチ「ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ」コレクションが登場。

「ラ デ ドゥ ディオール」を受け継いだ遊び心あふれるコレクション

ステンレススティール×イエローゴールド×ダイヤモンド×マラカイト 36mm 1,782,000円+税
ステンレススティール×イエローゴールド×ダイヤモンド×マラカイト 36mm 1,782,000円+税

彼の腕時計を身に着けることで、いつも彼を思う女性。そんなシチュエーションを思い描くことで2003年に生まれた「ラ デ ドゥ ディオール 」は、70年代にインスパイアされ、ゴールド、ダイヤモンド、カラーストーンなどの、ジュエリーと同じ素材使いを特徴とする。彼のようなマスキュリンさと、彼女のもつフェミニンさ。そのどちらもを併せ持つ「ラ デ ドゥ ディオール」の意匠を受け継いだ遊び心あふれるコレクションとして「ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ」が誕生した。

リッチな輝きで表現するポエティックな世界

エレガントに手首を包み込むウォッチのブレスレットには、しなやかな輝きを放つミラネーゼを採用。そしてダイヤルにはあらゆる石を用いて、ディオール ファイン ジュエリーのポエティックな世界を描く。

ステンレススティール×ダイヤモンド×マザー オブ パール 25mm 411,000円+税
ステンレススティール×ダイヤモンド×マザー オブ パール 25mm 411,000円+税

ダイヤルに大きなマラカイトやラピスラズリを贅沢にあしらったモデルは、イエローゴールドとダイヤモンドのベゼルでインデックスのないダイヤルを囲み、石自体の美しさを引き立てる。また、女性らしい優しさにあふれるマザー オブ パールとピンク マザー オブ パールのダイヤルには、シックなステンレススティールのベゼルをあわせた。いずれもクラウンとバックルには、リッチに輝くダイヤモンドが配されている。

from https://www.fashion-press.net/news/40236

ミハラ ヤスヒロ×ウニマティックの腕時計 – ヴィンテージ加工を施したケース、バックにはロゴを刻印

ミハラ ヤスヒロ(MIHARA YASUHIRO)と時計ブランド・ウニマティック(UNIMATIC)のコラボレーションによる腕時計「Modello Uno U1-MY」が登場。2019年4月27日(土)より、メゾン ミハラ ヤスヒロ直営店にて50本限定で販売される。

「ウニマティック」とは

ウニマティックは、デザイナーのジョヴァンニ・モーロとシモーネ・ヌンツィアートによって2015年に設立された、イタリアの時計ブランド。デザインされる時計は細部まで徹底的にこだわり、全て限定数量で生産。それぞれにシリアルナンバーが刻印され、同じモデルが再生産されることはない、エクスクルーシブなプロダクトを販売している。

ミハラ ヤスヒロとのコラボモデル「Modello Uno U1-MY」

そんなウニマティックがミハラ ヤスヒロとのコラボレーションで贈る腕時計が「Modello Uno U1-MY」。普段からダイバースウォッチを愛用するデザイナー・三原康裕のエッセンスを反映し、唯一無二のデザインの1本に仕上げた。

ブルーをメインカラーに

カラーパレットはミハラ ヤスヒロのブランドイメージカラーであるブルーを様々色合いで表現。カバーケースにはネイビーブルー、ベゼルにはアルミ製のリフレックスブルー、文字盤にはマットブルーを採用し統一感のあるルックスを完成させた。

細部のデザインを引き立てるヴィンテージ加工

また、サイドには、通常デニムの製造に使用されるストーンウォッシュ加工を施した。ヴィンテージ感を演出するとともに、トップリングの細かい刻み目とケースバックのデザイン要素を引き立てる。

コラボを象徴するロゴ

ウニマティックのベーシックデザインにミハラ ヤスヒロのブランドロゴを重ねたオリジナルロゴをケースバックに配置。漢字の小さな文章では日本へのオマージュを表現した。

2種のストラップが付属

ストラップは、濃紺のコードバンストラップと、ストーンウォッシュされた紺のクロムメッキのバックルを使用したメッシュストラップの2種が付属。異なったニュアンスを気分によって変えて楽しむことが出来る。

from https://www.fashion-press.net/news/49276

シャネルの人気腕時計「J12」がリニューアル、より滑らかなシルエットで視認性も向上

シャネル(CHANEL)は、新しくなった人気腕時計「J12」をバーゼルワールド 2019で発表した。発売は、2019年6月5日(水)を予定している。

“21世紀のアイコンウォッチ”と称されるシャネルの「J12」

©CHANEL

19年前に誕生した「J12」は、そのデザインを手掛けたシャネルのアーティスティック ディレクター、ジャック エリュが愛する自動車とセーリングの世界観から着想を得たスポーティーな腕時計。ウォッチメイキングの世界に革命を起こしたブラック セラミック製のボディで、“21世紀のアイコンウォッチ”とも称された。

その後、2003年にはホワイトセラミックのモデルが登場。以後変わらず、シャネルのウォッチコレクションの中でもエターナルな存在であり続けている。

ディテール部分までデザインを刷新

©CHANEL

スイスのマニュファクチュール、ケニッシ製のオリジナルキャリバー 12.1を搭載したため、少し厚みを増やしたケースは、側面にカーブを持たせ滑らかにすることで、厚さは以前と変わらないような印象に。リュウズの幅と、リュウズにあしらったセラミック製カボションのサイズを従来の3分の2に縮小することで、「J12」ならではの流れるような滑らかなラインを維持している。

また、数字やインデックスの書体も変更。ダイヤル中央のレイルウェイ目盛りを改良するとともに、新たにインジケーターを追加したことで視認性を向上した。中央部分に配置している“AUTOMATIC”と“SWISS MADE”の表記をシャネルの書体と同一のものに変え、よりシャネルらしさ溢れるデザインとなった。

さらに、時針と分針の幅は同一にし、夜光部分のサイズを変えた。ブラックモデルの白い針に黒、ホワイトモデルの黒い針に白の蓄光性夜光顔料「スーパールミノーバ」をあしらっている。

©CHANEL

COSC認定、約70時間ロングパワーリザーブを誇るキャリバー 12.1搭載

ケースバックにサファイアクリスタルを施した一体型のセラミックケースからは、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)の認定を受けた新しいキャリバー 12.1の動きを鑑賞できる。スイスのムーブメント製造会社ケニッシ(KENISSI)製の新オートマティック ムーブメントが、新たな「J12」の心臓部となっており、パワーリーザーブは約70時間を誇る。

キーラ・ナイトレイが出演するキャンペーンビジュアル公開

シャネルは、新たな装いとなった「J12」の登場にあわせて、キーラ ナイトレイをはじめ、キャロル ブーケ、ナオミ キャンベル、ヴァネッサ パラディ、リリー=ローズ デップらのシャネルとゆかりの深い9人のアイコニックな女性を起用したキャンペーンを展開。彼女たちの人生を変えた決定的瞬間について語る動画も公開されている。

from https://www.fashion-press.net/news/48413

ニューヨーク発の腕時計ブランド「ドメニ コー(Domeni Co)」が日本初上陸。2019年3月8日(金)より全国のエイチエムエスウォッチストア(H°M’S” WatchStore)にて展開が開始される。

ニューヨーク発の腕時計ブランド「ドメニ コー(Domeni Co)」が日本初上陸。2019年3月8日(金)より全国のエイチエムエスウォッチストア(H°M’S” WatchStore)にて展開が開始される。

「ドメニ コー」の腕時計の特徴は、毎日を少しだけ贅沢な気分にしてくれるアクセサリーのようなルックス。カジュアルスタイルからドレススタイルまで、様々なシーンで着用できるシンプルさと見やすいデザインもポイントだ。

また、高品質なスイスムーブメントを使用するなど、機能のクオリティにも拘った。デザインと共に時計として長く愛用できる一本になるよう、外見から内部まで高いクオリティが追及されている。

なお、時計は、ユニセックスで使えるケース径40mmのシグニチャーシリーズとエレガントなケース径22mmのマイクロシグニチャーシリーズの2つのラインで登場。価格帯は20,000円から27,500円が予定されている。

from https://www.fashion-press.net/news/47833

アイスウォッチ”ユニコーン”を描いた腕時計「アイス ファンタジア」秒針を角に見立てて

アイスウォッチ(Ice-Watch)から、ユニコーンをモチーフにした腕時計「アイス ファンタジア(ICE fantasia)」が登場。2019年3月29日(金)より、全国のアイスウォッチストアなどで発売される。


左から)アイス ファンタジア ピンク、ホワイト 各12,000円+税

ユニコーンといえば、勇敢で強靭な一角獣として知られるヨーロッパの伝説上の動物。実は乙女の膝の上で眠る時だけは穏やかな表情を見せる、という愛らしいエピソードも有名だ。

「アイス ファンタジア」には、そんなユニコーンの愛くるしい一面を表現。すやすやと眠るユニコーンのイラストを、文字盤に配した。

バリエーションは、ピンクとホワイトの2種類。ピンクストラップのモデルには、ダイアルにパステルカラーのたてがみが印象的なユニコーンの横顔を描いた。

ホワイトストラップのモデルは、ユニコーンの角に見立てた秒針がポイント。文字盤には煌びやかな星も散りばめ、より一層ファンタジーなムードに仕上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/48294