カジュアルさとエレガントさを兼ね備えるシャネル コピー限定モデル

シャネル コピーは、アイコンウオッチ「J12」の2018年コレクターモデルを2月9日に発売する。

スポーティな「J12」はそれまでの常識を覆す斬新さが注目され、センセーショナルな時計として話題になった。カジュアルさとエレガントさが絶妙にマッチしたデザインで発売以来人気が高く、同モデルに用いられたシャネル 偽物のコードカラー、ブラックとホワイトは、今ではウオッチメイキングにおけるスタンダードカラーとなっている。

2018年のコレクターモデルは、上品なパステルピンクのマザーオブパールをダイヤルに採用。アクセントとして用いられたダイヤモンドまたはピンクサファイアと相まって、「J12」に柔らかでフェミニンなニュアンスが添えられている。ケース径33mmと38mmのモデルは各1200本の世界限定での展開となる。また「J12」に新たに加わった19mm径の「J12・XS」は、日本とハワイのみで展開するシャネル 時計 コピー。スポーティでモード、エレガントでアイコニックなデザインをスタイリングに取り入れて、主張のあるスタイルを完成させて。

世界で人気なブランドシャネル高品質腕時計激安通販

間もなく6月に開催されるバーゼルワールドに先立って、スイス・ジュネーブ市内のホテルで新作を公開したコピーブランドのシャネル。今回もファンを魅了する限定モデルなどが目立った。視覚的にも楽しく、見る者の目を奪うモデルの数々を披露した。

華やかさも極まるジュネーブでの新作群
日本でもラグジュアリーウォッチとして、名を轟かせるシャネル。2016年のプレバーゼルの新作発表会は、とても華やかな印象を受けた。それというのも、スペシャルモデルの存在が大きい。
目を引く存在は偽ブランドシャネルの「PREMIÈRE」だ。今回はケースをサファイアクリスタルで作り上げた限定モデルが登場。さらに盛り沢山に登場したのは、「ビッグ・バン」のレディース仕様で、2015年に登場した刺繍を装飾に使うブロイダリーモデルの新作である。そのモチーフであるスカルは健在で、ひと際目を引く。さらにユーロ2016やチャンピオンズリーグのオフィシャルウォッチなど、豊富な内容だった。

フェラーリのメカニズムを表現
シャネルの「PREMIÈRE」は、フェラーリの12気筒エンジンをモチーフとしている。時計中央には、10個の香箱が配置されている。通常の腕時計を超える50日間という圧倒的に長いパワーリザーブを誇る。このゼンマイのパワーは絶大で、巻き上げるためにF1のタイヤ交換に使う工具を模したミニチュアパワードリルが付属するほどだ。時計の底面部にはトゥールビヨンキャリッジ、上部には、香箱を挟んで右側に時刻表示、左側にはシリンダーが回転してパワーリザーブを表示。すべてのコンセプトがメカニカルにしてユニークだ。

新作コピーの「PREMIÈRE サファイア」は時計の前面をサファイアクリスタルによって、シースルー化しただけではない。ケースの素材そのものをサファイアクリスタルとしてしまった。ムーブメントは、あらゆる角度から全容をうかがうことができ、まるでフェラーリのエンジンの透明モデルを見ているようだ。さらに、時および分のシリンダーも、パワーリザーブのシリンダーも透明化しており、ストラップまでスケルトンシリコン製で透明とする徹底ぶり。シャネルが表現するフェラーリの世界は、見る者を圧倒する。

シャネルの新作ウォッチ「コード ココ」登場、あなただけの秘密のコードを解読して

Chanel(シャネル)から最新ウォッチ「コード ココ」が発売。1955年に発売された伝説的なハンドバッグ「2.55」から着想を得たデザインが特徴。文字盤にプリンセスカットのダイヤモンドをあしらったモデル、フルパヴェベゼルの2タイプで展開される。

シャネルから最新ウォッチ「コード ココ」が発売された。2015年に登場した「ボーイ フレンド」に次ぐ、2年ぶりの新作コレクションとなる「コード ココ」。インスピレーションとなったのは、1955年に発売されたシャネルの伝説的な「2.55」ハンドバッグだ。

しなやかに腕に寄り添うステンレススチールのストラップに取り入れられているのは、キルティングのステッチをイメージした、スリークな格子のモチーフ。文字盤の上に配された、バッグと同じターンロック式のクラスプは、実際に開閉可能。シークレットウォッチのようにジュエリーとしてのデザイン性と、時計の実用性を両立している。

(左から)「コード ココ」ウォッチ(SS×ダイヤ、SSストラップ、クォーツ)¥575,000、¥1,055,000

ジュエリーでありウォッチ、そしてメゾンを象徴するコード。多義的な魅力を凝縮したコレクションは、文字盤にプリンセスカットのダイヤをあしらったモデル、そしてベゼルにパヴェセッティングを施したモデルの2型で展開される。

また新作のローンチにあたり、アリス デラル、ルチア ピカ、ステラ テナントなど、シャネルと親交の深いスタイルアイコンたちと「コード ココ」のインティメイトな姿を捉えたポートレートが到着。マニッシュなタキシードとジーンズにラフに「コード ココ」を合わせたアナ・ムグラリスのスタイリングも、上級者なら是非トライしたいところだ。

 

転載サイト:https://spur.hpplus.jp/jewelry_watch/news/201710/04/GQCWCTY/

【最新追加】美女に欠かせないCHANEL時計スーパーコピー

2018年度人気高い激安通販CHANELコピーウォッチは、女性に向けてブランド風をはじめ最初の女性として発表されました。まだ進化していますが、時代を問わずお気に入りのシャネルレディース時計で使用できます。世界一の人気があるシャネルコピー時計は激安通販専門店では非常に美しい価格を通販します。

いつまでも愛着をもてるスーパーコピー通販品時計がほしいと感じている方も満足できます。あらゆるシーンで活用することができて、年齢に関係なく身に付けることができます。 そのため、長年愛用できる時計が欲しいと感じている方も満足できるはずです。

シンプルで洗練されたデザインのシャネル腕時計コピーは、ずっと使い続けられる上品な腕時計です。誕生から30年、今なお根強いファンも多く進化し続けています。宝石のように美しいラグジュアリーウォッチは、あなたの手元を華やかに彩ってくれますよ。

活発な男はシャネルを愛する──先鋭化し続ける「J12」コレクション

衝撃のデビューから14年。素材も機能もバリエーションを増やした「J12」コレクションは、活発に行動する男性をより魅力的に演出する。

写真: 新倉哲也(SIGNO) 文: 福留亮司

CHANEL
J12 42MM
マットに仕上げられたブラック セラミック。
「J12」コレクションのなかでも、最もシンプルな1本。自動巻きムーブメントは、約42時間のパワーリザーブを実現。深みのあるブラックにマット仕上げを施したハイテク セラミックを使用したケースは、堅牢で、防水性能は200m。ロジウム仕上げの数字と針がハッキリと浮き上がっている。とても視認性のいい腕時計だ。ベゼルは逆回転防止となっている。SS+ハイテク セラミックケース、じどうまき、42mm径。

 

固定観念を「J12」は取っ払ってみせた。

20世紀のモード界を名実ともに牽引したシャネル。時計については、1987年に発表された女性用腕時計「プルミエール」が最初のモデルである。その後、いくつかのコレクションを発表したのち、時計界に大きな足跡を残す「J12」が誕生する。

2000年に登場したシャネル初のメンズモデルは、自動巻きムーブメントを搭載した機械式腕時計だった。しかもセラミックのケースとブレスレットを採用した先進のスタイル。そのモデル名「J12」がヨットレースの最高峰アメリカズカップにかつてあったカテゴリー“クラスJ”に由来することから、ダイバーズ的な精悍さももち合わせていた。機械式ムーブメントを載せた伝統的な構造と印象的なデザイン、それに先進のハイテク セラミックが融合した新しい腕時計は、その後の時計界に影響を与えることになる。

それまでの高級腕時計の色といえば、シルバーもしくはゴールドが定番。そこへブラック、ホワイトという新しい時計の色が加わったのである。さらに、傷が付きにくく劣化もしにくいという扱いやすさも加わり、このファッション性を備えた本格実用時計に注目が集まることとなった。

ガブリエル シャネルが女性服からコルセットを外し制約を解放したように、伝統を重んじる高級腕時計から色や素材への固定観念を「J12」は取っ払ってみせたのだ。

 

 

転載サイト:https://gqjapan.jp/watch/news/20140424/j12-ceramic-beauty

想像以上に真面目 シャネル J12 スーパーレッジェーラ

J12 スーパーレッジェーラ ブラック
黒いマットなセラミック製のケースとブレスレットをもつクロノグラフ。モダンに見えるが、デザインの構成要素は、すべて50年代の高性能車や古典的なクロノグラフに倣ったものだ。この時計が、目新しいが奇抜に見えない理由だろう。じどう巻き。ハイテク セラミックケース×ブレスレット(直径41mm)。200m防水。99万5000円(税別)(問)シャネル(時計・宝飾) 0120-159-559。

シャネルが時計を作っているのは皆さんもご存じだと思う。では時計の出来はどうなのか。これが大変にいいのである。筆者は、かつて「時計を買うなら時計メーカーの時計」と言ってきたし、それはおおむね間違っていない。しかし最近、シャネルなどの「非専業メーカー」は大変に良い時計を作るようになった。筆者は、かつてのシャネルの時計には多少懐疑的だ。しかし最近のモデルは、どれも完成度が高い。とりわけ文字盤の出来と着け心地に関して言えば、時計メーカーが作る大多数のモデルを超えているように思う。

 好例が、セラミックケースのJ12だろう。2004年に発表されたこの時計は、時計業界にセラミックブームを巻き起こした立役者だ。発表当時の色は黒。後に白が加わった。ではなぜ、2色を同時に発表しなかったのか。理由は、質に満足できなかったため、と聞いた。時計に使われるセラミック素材は「つなぎ」として樹脂を使う。これは便利だがやっかいな代物で、紫外線を浴びると退色してしまう。黒いセラミックなら問題はない。しかし白いセラミックは、たちまち黄ばんでしまう。そこでシャネルは、時間を費やして、退色しない白いセラミックを開発した。そういうことをやっているのに、いちいち説明しないシャネルという会社の姿勢は、とても気に入っている。

 個人的に、J12はどれも好きだが、ひとつ選ぶならクロノグラフの「スーパーレッジェーラ」だ。黒いセラミックケースや、強い筋目仕上げを施した針やインデックスは、この時計をモダンに見せる。しかしインデックスのアラビア数字や、ふたつの大きなインダイヤルなどは、1940年代から50年代のクロノグラフそのままだ。そう、シャネルは古典的なデザインをふまえて、このモダンなクロノグラフを作り上げたのである。さじ加減の巧みさは、さすがクチュリエと言うほかない。

 面白いのは針の長さだ。普通、クロノグラフは針を長くする。しかしシャネルはあえて針を短くした。3針モデルの針が短いのに合わせたのだろう。ただし長さに対して無頓着でない証拠に、クロノグラフ針と長針は、インデックスの外周と完全に重なっている。針が短い時計は個人的に好みでないが、ここまでそろえた上で、あえて短くしているのだから、これはデザインとして許容できよう。シャネルはあえて、短く切ったのである。

 ケースの厚みは12.7mm。個人的にはもう少し薄い方が好きだが、その厚みを逆手にとって、文字盤を立体的に成形したのもシャネルらしい。加えて文字盤に複数の仕上げを盛り込むことで、立体感を一層強調している。同じ黒でもニュアンスを変える手法は、もともとシャネルが服の世界でやってきたことだが、それを時計でもやるようになったのである。その巧みさは、とても時計メーカーの及ぶところではない。

 価格は税別で約100万円。安くはないが、筆者はこの時計がとても好きだ。軽くて装着感が良く、デザインは伊達だし、セラミックケースや文字盤の仕立ても優秀だ。「時計は専門メーカーの物がいい」。確かにその通り。ただしそう言う人にこそ、シャネルのJ12は見て欲しい。

時計業界に大きな影響力を与えた新しいシャネル 時計 コピー

シャネルが時計業界に大きな影響力を与え始めたのは、2000年に誕生した「J12」がきっかけだ。それまでは傷つきにくいという実用面がフォーカスされてきたハイテク セラミックに対して、色にこだわり、徹底的なポリッシングを施して、いつまでも褪せない美しい艶のある時計に仕上げた。つまりシャネル コピーは、時計業界に“永遠の美”という新しい価値観を取り入れたのだ。

2016年のシャネル スーパー コピーは新しい方法で、美しい時計表現を提案してきた。それが自社ムーブメント「CHANEL キャリバー1. ジャンピングアワー」の開発である。通常の時計ブランドが自社ムーブメントを開発するのは、精度などの性能向上や製品の安定供給を進めるため、あるいはブランドステイタスを高めるなどが理由となる。しかしシャネルが目指したのは、美しいメカニズムへの追及。もちろん技術的な面白さも特記事項だが、何よりも機械のレイアウトが美しいのだ。

このシャネル 偽物「キャリバー1.」は、メンズウォッチ「ムッシュー ドゥ シャネル(MONSIEUR de CHANEL)」に搭載される専用ムーブメントだ。「J12」の大成功以降も、“女性のためのブランド”という印象が強かったが、それは偉大なる創業者、マドモアゼル シャネルの影響が極めて大きいのだから当然だろう。

しかしこの自社ムーブメントの開発をきっかけに、シャネル 時計 コピーへの攻勢を強める可能性も見えてきた。「J12」を軸に時計業界を揺るがしてきたシャネルだが、メンズウォッチでも旋風巻き起こす可能性がある。今後が楽しみなブランドとして、覚えておきたい。