手彫金で精緻なデザインを採用したブランパン コピー 時計

日本古来の合金で、モデル名の由来になった“赤銅”、金糸を表面に張り巡らす象嵌細工“ダマスキネ”、そして繊細な手彫金“エングレーブ”が、ブランパン コピー時計の文字盤でひとつになった技術的遺産の集合体と呼びたくなる1本だ

赤銅は「赤」の文字が入るにも関わらず、金と銅を合金とし、銅から発生する緑青で発色するため、緑がかったブラックとなる。古来から刀剣や装飾品に用いられてきた貴重な合金で、文字盤が作られている。ブランパン スーパーコピーの時計は赤銅の文字盤です。
 
そこに繊細な溝を掘り、金糸を打ち込み、さらに精緻な彫金を施して細やかな“座”のような装飾とする。そして、手彫金で作り上げたインドの厄除けの神様であるガネーシャ神をセットする。このブランパン 時計 コピーの文字盤以外に3種類、合計で4種類の文字盤が製作され、それぞれ絵柄の異なるユニークピースとなる。真の芸術品と呼ぶに相応しいモデルである。