ロレックスグループ「チューダー」10/31から日本展開開始

ロレックスグループ「チューダー」10/31から日本展開開始
×(c)TUDOR

【10月17日 MODE PRESS WATCH】1926年にロレックス(ROLEX)の創立者ハンス・ウイルスドルフ(Hans Wilsdorf)がロレックスの技術と信頼性を備え先駆的な腕時計を創りたいという思いから誕生したスイスの腕時計ブランド「チューダー(TUDOR)」。10月31日から、伊勢丹新宿店を始めとする東京・大阪・名古屋6つの百貨店に売場を設け、象徴的な3つのコレクション「ブラックベイ(BLACK BAY)」「ぺラゴス(PELAGOS)」「ヘリテージ(HERITAGE)」を中心に複数モデルを展開する。

60年以上に渡るダイバーズウォッチの歴史が結集した「ブラックベイ」シリーズからは、クロノグラフモデルの「ブラックベイ クロノ」、ブロンズケースの「ブラックベイ ブロンズ」、GMT機能を搭載し、発表されたバーゼルワールド2018で話題となった「ブラックベイ GMT」、ブランド初のダイバーズウォッチの面影をもつ「ブラックベイ フィフ ティーエイト」など、代表コレクションらしく様々なバリエーションで展開される。いずれのモデルも、パワーリザーブ約70時間、200mまでの防水性能を誇り、完全自社開発・製造の機械式ムーブメントを搭載した。

水中冒険家たちからライフスタイルの象徴とされた本格ダイバーズウォッチ「ぺラゴス」。最も特筆すべきはチタニウム製ブレスレットに施されたスチール製フォールディングクラスプ。このクラスプには、チューダーが開発・特許を取得したスプリングのメカニズムが搭載され、ダイビング中のブレスレットの自動調節を可能にする。

かつてコレクターたちが熱狂的に愛したモデルに新技術と機能を加えた「ヘリテージ」からは、カジノのルーレット盤を思わせるダイヤルデザインで “モンテカルロ” の愛称で呼ばれる「ヘリテージ クロノブルー」と、アワーマーカーの形が野球のホームベースを連想させることから“ホームプレート”のニックネームが付けられている「ヘリテージ クロノ」を展開。有名なクロノグラフモデルを現代に蘇らせた。

時計の中心価格帯は、30万〜40万円台。チューダーが先駆けて取り入れたという上質なファブリックストラップも各モデルに用意された。日本の時計市場で新勢力となるのか、今後の展開に引き続き注目だ。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3193362

メテオライトの評価は更に高まった、ロレックスデイトナ116509

ホワイトゴールドといえば、かつて注目度の高い高級要素でした。特に人気が高かったのは2000年代で、その時期においてイエローゴールドモデルより価格帯が高いというのが当たり前でした。

ステンレスモデルは今も昔も人気がありますが、2000年代において「金色」という色への抵抗は今より強く、YGの人気は低い傾向がありました。ただ、「豪華なモデル」というモノに対しての憧れや一定の需要は存在。WGは“ステンレスと同じ色だけど金”というように、当時のトレンドに沿った高級要素だったのです。

しかし最近、ホワイトゴールドモデルはかつて人気が高かったということを感じさせないぐらい相対的に安値な傾向があります。例えば、2012年頃と比べて値上がりしていたとしても、値上がり額がYGと比べて低いということもあります。また、かつてYGより高かったWGモデルが、今ではYGより安いということも目立ちます。

では、かつて高く評価されていたWGが、なぜ最近相対的に高くない傾向となっているのでしょうか。

その理由として考えられるのは、ローズゴールドモデルの増加が考えられます。

2000年代中盤頃からローズゴールドを採用するモデルが増えた傾向がありますが、ローズゴールドはそれまで人気の無かったYGのように不人気ということにはならず、むしろ「金色」という要素へのネガティブイメージを払拭することに成功したように感じます。その結果、同じ「金色」であるYGもかつてのような不人気状態ではなくなったのだと推測できます。

また、2010年代からロレックスではデイトナにプラチナモデルを設定したため、特にデイトナにおけるWGモデルのキャラクターは弱まった印象になります。ただ、デイトナに限らずサブマリーナなどでもWGモデルがYGに対してかつて程高値でなくなっているため、プラチナモデルの有無に限らずWGは相対的に安いといえます。

ただ、デイトナにおいてプラチナモデルという存在は大きく、ローズゴールドとプラチナという2010年前後に登場した新作のダブルパンチによって、WGモデルが不人気傾向となっていることは否めないといえるでしょう。

さて、そんなWGのデイトナですが、唯一例外的に2017年頃から値上がり傾向なモデルがあります。

そのモデルこそメテオライト文字盤という存在です。メテオライト、すなわち隕石文字盤というレアアイテムを持つのはデイトナの中ではWGモデルだけ。

つまり、濃いキャラクター性を持つ唯一無二の存在だからこそ評価されており、その評価は2018年においても高くなっている傾向です。

 

 

転載サイト:https://www.udedokeitoushi.com/news/14070/

高級腕時計ロレックスの歴史を知る

またロレックスは、同一モデルの性能を改良し続けることで進化を遂げているメーカーです。さまざまなモデルがありますが、ほとんどが1960年代にはデザインが完成しています。同一モデルの性能を高め続けることによって、ロレックスのスタンダードを築き上げ、「普遍性のあるデザインかつ高性能」といったロレックスのブランドイメージをつくりあげることができたのです。

それでは、高級腕時計メーカーの代表格である「ロレックス」が誕生した経緯をみていきましょう。

ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフは、1905年に時計販売専門会社「ウィルスドルフ&デイビス社」を設立しました。ロンドンに設立されたこの会社は、のちのロレックスの前身となります。

ウィルスドルフは、自分の会社が販売する時計につけたい名前を以下の3点から考えました。

・記憶しやすいよう短く

・発音しやすいようにどの言語でも同じ読み方に

・時計のダイヤルやムーブメントに刻印したときに美しく見える名前

その名前こそが「ロレックス(ROLEX)」です。「ロレックス」という名前は、天からの啓示のように突然ウィルスドルフの頭に舞い降りたそうです。

ウィルスドルフの時計づくりは、エグラー社という時計のムーブメントをつくる会社に、資本金の5倍もの額のムーブメントを発注するところから始まります。時計づくりに欠かせないムーブメントをただ買うだけでなく、エグラー社に技術を提供したり、改善したほうがいいところを指摘するなど。より精度の高いムーブメントをつくることができるよう、エグラー社と協力し合ったのです。これによってロレックスは非常に高い精度のムーブメントを搭載できるようになりました。

ウィルスドルフとの共同開発によって、精度の高いムーブメントをつくることができるようになったエグラー社は、1910年に腕時計初のクロノメーターの公式証明書を獲得。そして、1914年には、航海用のクロノメーターに与えられるA級証明書を腕時計で初めて獲得しました。

精度の高いムーブメントを搭載できるようになったロレックスの時計ですが、ウィルスドルフはそれだけでは満足できませんでした。ロレックスの時計の商品価値をよりいっそう高めるために、オイスターウォッチカンパニーの堅牢なケースを採用しました。これこそが「オイスターケース」の原点。オイスターケースを採用することによって、高い防水性・耐衝撃性を得ることができたのです。

ウィルスドルフとの共同開発によって、精度の高いムーブメントをつくることができるようになったエグラー社は、1910年に腕時計初のクロノメーターの公式証明書を獲得。そして、1914年には、航海用のクロノメーターに与えられるA級証明書を腕時計で初めて獲得しました。

精度の高いムーブメントを搭載できるようになったロレックスの時計ですが、ウィルスドルフはそれだけでは満足できませんでした。ロレックスの時計の商品価値をよりいっそう高めるために、オイスターウォッチカンパニーの堅牢なケースを採用しました。これこそが「オイスターケース」の原点。オイスターケースを採用することによって、高い防水性・耐衝撃性を得ることができたのです。

1926年には、世界初となる防水性・防塵性を備えた腕時計「オイスター」を開発しました。しかし、やはり世界初の防水腕時計ということもあり、なかなかその防水性の高さを消費者に理解してもらえませんでした。

そこで1927年、イギリス人スイマーのメルセデス・グライツが「オイスター」を着用してドーバー海峡を泳いで渡りました。時計が海の中にあった時間は10時間以上。それにもかかわらず、時計は正確に動いていたことでオイスターの高い防水性を証明し、世界中の人に大きなインパクトを与えました。この出来事は、同じ年に「テスティモニー」が生まれるきっかけにもなっています。

そして、ロレックスは、1931年には世界初の自動巻機構をもつ腕時計「パーペチュアル」を開発。1945年には、ダイヤルの小窓に表示される日付が、1日1回瞬時に切り替わる「デイトジャスト」機構を搭載した世界初の腕時計を開発しました。

その後「デイトジャスト」や「デイトナ」などといった、ロレックスを代表するヒットモデルを開発・改良する中で、耐水圧に優れた「シードゥエラー」や耐磁性をもつ「ミルガウス」などを開発。研究者や探検家がどのような環境下にいても正確な時間を知ることができるように設計された時計です。このように、ロレックスは、同一モデルを改良し続けることで、「昔から変わらない良質なデザイン」と「最先端の技術」が両立した腕時計を輩出し続けてきたのです。

ロレックスの歴史の中には、さまざまな出来事があります。ロレックスの歴史を語る上で重要なポイントや歴代モデルについて、年表にまとめてみました。年表から、ロレックスの歴史の長さと飽くなき探求心を垣間見ることができますね。

 

 

 

転載サイト:https://karitoke.jp/magazine/article/rolex_history/

人気定番新作Deepseaシリーズのロレックス ウォッチコピー

 ロレックス ウォッチ コピー (ROLEX)がDeepseaシリーズを発表し、それはジェームズ・キャメロン(cameron)海底で到着するということを記念として創立した。このダイイング腕時計が深海の高水圧に耐える。また、海水として紺色も文字盤で用いれれる。

 そのブルーブラック渐变から漆だった黒いたフェイスを连想して海洋の惑地帯で、そこに最後の太陽が海面から消え去って、无限の深渊の中にあっても、とジェームズ・キャメロン(cameron)深海挑戦(deepsea challenge)探潜旅の積み重なりだという。また、今回の提携を記念して、フェイスの上の「deepsea」という字が鮮明によりはジェームズ・キャメロン(cameron)のグリーン潜水艦が水面下での下の色彩着色する。

 

 ROLEXの名は、どこの言葉で読んでも同じ発音になるように考えられた造語。王冠がトレードマーク。スイスのジュネーブに本社を置き、世界に28の支社、100カ国以上におよそ4000人の時計職人を有する。

 時計商社としてイギリスで創業したが、後にスイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。腕時計の利便性に着目し、防水性が高い「オイスターケース」を実用化、自動巻き機構「パーペチュアル機構」、日付が午前零時頃一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明し、特許を取得。腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなど、実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、更に高級感のあるエレガントなスタイルを確立して現在に至る。

 メンズ、レディースを展開し、「Datejust(デイトジャスト)」、「Explorer(エクスプローラー)」、「GMT Master(GMTマスター)」、「Submariner(サブマリーナー)」などが人気モデル。アンティーク品も価値が高く、コレクターも多く存在する。イギリスで創業し、スイスに拠点を移した時計メーカー。世界中で知名度を有する高級ウォッチの代名詞的ブランド。ロレックス コピー  時計が本店続いて通販している。