デザインオフィスnendo、“製図用具”に着想を得た新腕時計「ドラフツマン」定規のような目盛りに

佐藤オオキ率いるデザインオフィスnendoのウォッチブランド「10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)」から、新シリーズ「ドラフツマン(draftsman)」が2019年3月15日(金)に発売される。なお、3月1日(金)よりオンラインサイトで先行予約を開始する。

“製図用具”から着想したデザイン

新シリーズ「ドラフツマン」は、精密な設計図やドローイングを手掛ける製図士が操る“製図用具”から着想を得ている。

“定規”をイメージした目盛りは、文字盤ではなくガラスに直接プリント。「定規らしさ」を強調することによって、ものの長さを測るような感覚で時間を測ることができるツールになった。

また、「ドラフツマン」には“起草者”という意味も持っており、使い手が何かをゼロから発想する契機となることを願い、あえて文字盤には装飾を施していないのもポイントだ。

フェイスとストラップを選んで自分好みに

左から)draftsman001 14,000円+税、draftsman002 15,000円+税、draftsman003 15,000円+税
左から)draftsman001 14,000円+税、draftsman002 15,000円+税、draftsman003 15,000円+税

「ドラフツマン」では、フェイス3種と、素材にレザー、ナイロン、ステンレススチールメッシュを用いた計10種のストラップを用意。

レザー ストラップ(左から L001、L003、L004、L005、L006) 各4,500円+税
レザー ストラップ(左から L001、L003、L004、L005、L006) 各4,500円+税

ストラップは、ピンレバーで簡単に外すことができるので、コーディネートやシーン別に、好みに合わせてカスタマイズできる。

from

https://www.fashion-press.net/news/47505

G-SHOCKから、高強度×最軽量のグラビティーマスター新作腕時計、ブラック基調の2色

G-SHOCK(ジーショック)より、航空コンセプトで手がけられたグラビティマスター(GRAVITYMASTER)シリーズの新作腕時計「GWR-B1000」が、2019年3月15日(金)に発売される。


GWR-B1000-1A1 90,000円+税

「GWR-B1000」は、ブラック基調の洗練されたボディーで、素材には航空機の機体にも使用される高機能カーボンを使用。カーボンの特性を活かしたケースで仕上げることで、高強度でありながら同シリーズ最軽量を実現した一品だ。また、ライト専用のフロントボタンを6時側にあしらうことで、さりげなくデザイン性を追求した。

他には、外気に触れるすべてのメタルパーツにチタン素材を使用することで、防錆性能を向上。Bluetooth接続や自動時刻修正などの機能性も備えた。カラーは、ブルー×ブラック、グレー×ブラックという2色のラインナップで発売される。

from https://www.fashion-press.net/news/47543

オメガ「トレゾア」新作レディース腕時計 – 鮮やかな赤×白のコントラスト、ダイヤモンド38石を配置

オメガ(OMEGA)より、ウィメンズの腕時計「トレゾア レディース コレクション」の新作モデルを発売。


トレゾア レディース コレクション 518,400円(税込)

新作モデルは、レッドとホワイトが鮮烈なコントラストを描く1品。ラッカー仕上げを施したホワイトのダイアルにレッドのローマ数字が映え、ヴィヴィッドなレザーストラップが加わることで、優雅な雰囲気をより一層高めている。

 

また、「トレゾア」おなじみの仕様として、ステンレススティール ケースの両サイドにはダイヤモンド38石を配置。リュウズにもダイヤモンドを1粒セットし、その周囲にはオメガロゴでデザインされたレッドセラミックのフラワーが描かれている。さらに、特殊な鏡面仕上げのケースバックにはフラワーパターンを配し、繊細かつ華やかなデザインに仕上げている。

from

https://www.fashion-press.net/news/47734