新しい技術を採用したオメガ コピー 激安の時計の完成

このオメガ コピー新作「スピードマスター ムーンウォッチ“ダークサイド・オブ・ムーン”(Speedmaster Moonwatch“DARK SIDE OF THE MOON”)」は“真っ黒のスピードマスターを作りたい!”という開発者の夢を実現させた。

開発開始当初、オメガ 時計 コピーのケースを黒く染める技術は、PVD(Physical Vapor Deposition:物理蒸着)、やDLC( Diamond‐Like Carbon:ダイヤモンド・ライク・カーボン)などで、どうしても傷ついてしまうので製品化を断念したという。しかしその後、ファイン・セラミックスの採用を決定。強度が必要なケースの中胴部分はメタルで製作し、これにセラミックスの外装をかぶせる形式を取ることで、ミドルケール、ベゼル、プッシュボタン、リューズやストラップのバックルまで、すべてセラミックスが使われている。

このオメガ コピー 激安の時計のケースの製造はスイスのコマデュール社が担当するが、当初は“無理だ”と拒絶されたという。しかし、スウォッチグループのハイエック氏から直接、指示を出すことで、なんとか製作に成功。ケースのカット面は、セラミックスを焼成してから加工を行うが、これにはステンレスの20倍もの工程がかかるという力作である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です