新しい技術で耐磁性を持つオメガ 時計 コピー

日本でもオメガの修理依頼の多くが磁気の影響によるものだという。そこで開発されたのが、オメガ コピー耐磁性時計「シーマスター アクアテラ“15000 ガウス”(Seamaster Aqua Terra 15000 Gauss)」である。

オメガ コピー従来の耐磁時計は既存ムーブメントを軟鉄製インナーケースで包むことで磁気を逃がす方法がとられていた。しかし、これでは約1000ガウスで耐磁性が頭打ちとなる。そこでオメガではムーブメントを耐磁ケースで覆うのではなく、ムーブメントの部品から磁気を帯びる素材を徹底して排除することで、裏蓋をサファイアガラスのシースルー仕様としてムーブメントの美しさを堪能できる完璧に近い耐磁性を持つ時計を目指したのである。

その結果、チタン製テンワとシリコン製ヒゲゼンマイを搭載するCal.8500をベースとし、テンプやアンクルの芯など、従来は鉄が用いられた部品を磁気を帯びない「ニヴァガウス(Nivagauss)」と命名された新素材に変換することで15000ガウスもの磁気にも影響を受けない超耐磁時計が完成。この数値は、オメガ 時計 コピー従来の耐磁性時計の15倍もの数値である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です