「グッチ」ゴールドのウオッチ2モデルに注目

「グッチ(GUCCI)」は、「ル マルシェ デ メルヴェイユ」コレクションと「ディオニュソス ウォッチ」コレクションから2種類のゴールドモデルを発売する。

美しい色合いでさまざまなデザイン的要素を取り入れた「ル マルシェ デ メルヴェイユ」コレクションには、新たに22mmのシークレットウォッチが加わった。ダイヤルが収められた回転式キャットヘッドケースは、プレシャスなマテリアルと時間の神秘性を融合させた、ハイエンドウォッチの中心的なモデル。新しいゴールドバージョンは、伝統的なシークレットウォッチをモダンでコンテンポラリーにデザインしたもので、彫刻が施されたアンティーク調の18Kイエローゴールドのケースには、目の部分に2石のダイヤモンド(計0.146ct)がセッティングされている。

キャットヘッドケースをスライドするとホワイトマザー・オブ・パールのダイヤルが現れ、針はアンティークゴールドカラー。ブラックリザードストラップとイエローゴールドアルディオンバックルがこのエレガントなマテリアルの組み合わせをいっそう際立たせる。パールがあしらわれたクラウン、ビー(ハチ)モチーフのエングレービングが施されたケースバックに至るまで、同ブランドならではのディテールへのこだわりが特徴だ。ダイヤルの12時位置には「GUCCI」のロゴ、6時位置には「Swiss Made」の文字が配されている。

もう一つの新作は、「ディオニュソス ウォッチ」コレクションから登場するゴールドモデル。印象的なシルエットに、プレシャスなマテリアルをエレガントに組み合わせた23mmモデルで、時計としてだけでなくアクセサリーとしても着用できるデザインとなっている。彫刻が施された2つのタイガーヘッドを持つスネークが印象的な18Kイエローゴールドケースには、4石のグリーンサボライトが鮮やかに輝く。ケースバックには「グッチ」のビー(ハチ)モチーフのエングレービングが施され、同じく彫刻が施された18Kイエローゴールドのバングルは、繊細なグリーンエナメルの装飾で彩られている。美しく煌くホワイトマザー・オブ・パールのダイヤルにはイエローゴールドカラーの針を組み合わせ、12時位置に「GUCCI」のロゴが配される。見事な細工が施されたこのウオッチは、単品または同コレクションの様々なアイテムと組み合わせて、より印象的なコーディネートを楽しめる。

なお、「ル マルシェ デ メルヴェイユ」ゴールドモデルは展開中、「ディオニュソス ウォッチ」ゴールドモデルは12月より展開予定だ。

転載サイト:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3150337

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です