未知なる深海に想いを馳せて、Omega (オメガ) から「シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック」が発売

Omega (オメガ) のアイコニックなダイバーズウォッチ、「シーマスター プラネットオーシャン」から新作となるディープ ブラックモデルが発売される。600mという防水性能の同シリーズでは、今回初の試みとしてセラミック製のねじ込み式シースルーケースバックを採用。ムーブメントには、スイス連邦計量、認定局 (通称 METAS) によって新たに制定された機械式時計の精度を示す「マスター クロノメーター」を取得したキャリバー8906が搭載されている。

グロッシーとマットという異なるフィニッシングのブラック セラミックを使用した「シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック」は、4色のカラーバリエーションで展開。ダイバーズウォッチらしく、それぞれのカラーにも未知なる深海のストーリーにインスピレーションを受けたストーリーが詰まっている。まず象徴的なレッドは、水深 5m の環境において色が見えなくなり、ウェットスーツと同化していく色合いを表現したという。そして更に深く、水深 275m まで潜ると光の透過生によって見えなくなるのが、ブルー。最後水深 300m まで達すると、同コレクションのブラックモデルのように、そこには地上の光が一切届かない漆黒の世界が広がるという。そこで光を放つのが、蓄光性のスーパールミノヴァのコーティングを施した針。静謐でありながら力強いデザインは、また同時に Omega ならではの高い技術と精度の結晶でもある。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/74929

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です