オメガから東京 2020 オリンピック限定腕時計、ブルー&ホワイトダイアルのシーマスター

オメガ(OMEGA)は、東京 2020 オリンピックに向けた2つの限定モデルを各世界2,020本限定で2019年7月24日(水)より発売する。

1932年より28大会においてオフィシャルタイムキーパーを務めてきたオメガ。引き続き、2020年7月24日に開幕する東京 2020 オリンピックでもオメガはオフィシャルタイムキーパーを務め、アスリートたちの夢を記録することとなった。

今回の限定モデルでは、東京での大会を心待ちにするオメガが制作した2つのシーマスターが展開される。

シーマスター アクアテラ 東京 2020 リミテッド エディション

ひとつめに紹介するモデルは、「シーマスター アクアテラ 東京 2020 リミテッド エディション」。同モデルは、陸と水中で躍動するウォッチだ。

「シーマスター アクアテラ」シリーズ初となるセラミック ダイアルは、大会カラーの“藍色”を想わせるブルーを採用し、ポリッシュ仕上げを施した。東京 2020 オリンピックエンブレムにインスパイアされたグラフィカルな模様があしらわれている。

ストラップはブルーラバーを採用。特製ボックスには、付け替え用のステンレススティール製のブレスレットもセットされている。ムーブメントには、スイス時計業界において最高水準の正確さと耐磁性をもつ、オメガ マスター クロノメーターキャリバー8900を搭載した。

シーマスター プラネットオーシャン 東京 2020 リミテッド エディション

もうひとつは、オメガのダイバーズウォッチでは最上位に位置する「シーマスター プラネットオーシャン」を日本仕様にアレンジした「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」。ポリッシュ仕上げのホワイトセラミック ダイアルに、日本の国旗をイメージした先端部分の赤いドットが目を引くロリポップ秒針をセットした。

また、ステンレススティール製ケースには、隙間を埋め、精密キャリバーを保護するリキッドメタル製のダイビングスケール付きのホワイトセラミックのベゼルリングを採用している。ムーブメントには、マスター クロノメーター キャリバー8800を搭載した。

ストラップは、ホワイト レザーストラップに加えて、付替え用のNATOストラップ、およびステンレススティール ブレスレットが付属する。

from https://www.fashion-press.net/news/52084

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です