シャネルの新作ウォッチ「コード ココ」登場、あなただけの秘密のコードを解読して

Chanel(シャネル)から最新ウォッチ「コード ココ」が発売。1955年に発売された伝説的なハンドバッグ「2.55」から着想を得たデザインが特徴。文字盤にプリンセスカットのダイヤモンドをあしらったモデル、フルパヴェベゼルの2タイプで展開される。

シャネルから最新ウォッチ「コード ココ」が発売された。2015年に登場した「ボーイ フレンド」に次ぐ、2年ぶりの新作コレクションとなる「コード ココ」。インスピレーションとなったのは、1955年に発売されたシャネルの伝説的な「2.55」ハンドバッグだ。

しなやかに腕に寄り添うステンレススチールのストラップに取り入れられているのは、キルティングのステッチをイメージした、スリークな格子のモチーフ。文字盤の上に配された、バッグと同じターンロック式のクラスプは、実際に開閉可能。シークレットウォッチのようにジュエリーとしてのデザイン性と、時計の実用性を両立している。

(左から)「コード ココ」ウォッチ(SS×ダイヤ、SSストラップ、クォーツ)¥575,000、¥1,055,000

ジュエリーでありウォッチ、そしてメゾンを象徴するコード。多義的な魅力を凝縮したコレクションは、文字盤にプリンセスカットのダイヤをあしらったモデル、そしてベゼルにパヴェセッティングを施したモデルの2型で展開される。

また新作のローンチにあたり、アリス デラル、ルチア ピカ、ステラ テナントなど、シャネルと親交の深いスタイルアイコンたちと「コード ココ」のインティメイトな姿を捉えたポートレートが到着。マニッシュなタキシードとジーンズにラフに「コード ココ」を合わせたアナ・ムグラリスのスタイリングも、上級者なら是非トライしたいところだ。

 

転載サイト:https://spur.hpplus.jp/jewelry_watch/news/201710/04/GQCWCTY/

【最新追加】美女に欠かせないCHANEL時計スーパーコピー

2018年度人気高い激安通販CHANELコピーウォッチは、女性に向けてブランド風をはじめ最初の女性として発表されました。まだ進化していますが、時代を問わずお気に入りのシャネルレディース時計で使用できます。世界一の人気があるシャネルコピー時計は激安通販専門店では非常に美しい価格を通販します。

いつまでも愛着をもてるスーパーコピー通販品時計がほしいと感じている方も満足できます。あらゆるシーンで活用することができて、年齢に関係なく身に付けることができます。 そのため、長年愛用できる時計が欲しいと感じている方も満足できるはずです。

シンプルで洗練されたデザインのシャネル腕時計コピーは、ずっと使い続けられる上品な腕時計です。誕生から30年、今なお根強いファンも多く進化し続けています。宝石のように美しいラグジュアリーウォッチは、あなたの手元を華やかに彩ってくれますよ。

高級腕時計ロレックスの歴史を知る

またロレックスは、同一モデルの性能を改良し続けることで進化を遂げているメーカーです。さまざまなモデルがありますが、ほとんどが1960年代にはデザインが完成しています。同一モデルの性能を高め続けることによって、ロレックスのスタンダードを築き上げ、「普遍性のあるデザインかつ高性能」といったロレックスのブランドイメージをつくりあげることができたのです。

それでは、高級腕時計メーカーの代表格である「ロレックス」が誕生した経緯をみていきましょう。

ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフは、1905年に時計販売専門会社「ウィルスドルフ&デイビス社」を設立しました。ロンドンに設立されたこの会社は、のちのロレックスの前身となります。

ウィルスドルフは、自分の会社が販売する時計につけたい名前を以下の3点から考えました。

・記憶しやすいよう短く

・発音しやすいようにどの言語でも同じ読み方に

・時計のダイヤルやムーブメントに刻印したときに美しく見える名前

その名前こそが「ロレックス(ROLEX)」です。「ロレックス」という名前は、天からの啓示のように突然ウィルスドルフの頭に舞い降りたそうです。

ウィルスドルフの時計づくりは、エグラー社という時計のムーブメントをつくる会社に、資本金の5倍もの額のムーブメントを発注するところから始まります。時計づくりに欠かせないムーブメントをただ買うだけでなく、エグラー社に技術を提供したり、改善したほうがいいところを指摘するなど。より精度の高いムーブメントをつくることができるよう、エグラー社と協力し合ったのです。これによってロレックスは非常に高い精度のムーブメントを搭載できるようになりました。

ウィルスドルフとの共同開発によって、精度の高いムーブメントをつくることができるようになったエグラー社は、1910年に腕時計初のクロノメーターの公式証明書を獲得。そして、1914年には、航海用のクロノメーターに与えられるA級証明書を腕時計で初めて獲得しました。

精度の高いムーブメントを搭載できるようになったロレックスの時計ですが、ウィルスドルフはそれだけでは満足できませんでした。ロレックスの時計の商品価値をよりいっそう高めるために、オイスターウォッチカンパニーの堅牢なケースを採用しました。これこそが「オイスターケース」の原点。オイスターケースを採用することによって、高い防水性・耐衝撃性を得ることができたのです。

ウィルスドルフとの共同開発によって、精度の高いムーブメントをつくることができるようになったエグラー社は、1910年に腕時計初のクロノメーターの公式証明書を獲得。そして、1914年には、航海用のクロノメーターに与えられるA級証明書を腕時計で初めて獲得しました。

精度の高いムーブメントを搭載できるようになったロレックスの時計ですが、ウィルスドルフはそれだけでは満足できませんでした。ロレックスの時計の商品価値をよりいっそう高めるために、オイスターウォッチカンパニーの堅牢なケースを採用しました。これこそが「オイスターケース」の原点。オイスターケースを採用することによって、高い防水性・耐衝撃性を得ることができたのです。

1926年には、世界初となる防水性・防塵性を備えた腕時計「オイスター」を開発しました。しかし、やはり世界初の防水腕時計ということもあり、なかなかその防水性の高さを消費者に理解してもらえませんでした。

そこで1927年、イギリス人スイマーのメルセデス・グライツが「オイスター」を着用してドーバー海峡を泳いで渡りました。時計が海の中にあった時間は10時間以上。それにもかかわらず、時計は正確に動いていたことでオイスターの高い防水性を証明し、世界中の人に大きなインパクトを与えました。この出来事は、同じ年に「テスティモニー」が生まれるきっかけにもなっています。

そして、ロレックスは、1931年には世界初の自動巻機構をもつ腕時計「パーペチュアル」を開発。1945年には、ダイヤルの小窓に表示される日付が、1日1回瞬時に切り替わる「デイトジャスト」機構を搭載した世界初の腕時計を開発しました。

その後「デイトジャスト」や「デイトナ」などといった、ロレックスを代表するヒットモデルを開発・改良する中で、耐水圧に優れた「シードゥエラー」や耐磁性をもつ「ミルガウス」などを開発。研究者や探検家がどのような環境下にいても正確な時間を知ることができるように設計された時計です。このように、ロレックスは、同一モデルを改良し続けることで、「昔から変わらない良質なデザイン」と「最先端の技術」が両立した腕時計を輩出し続けてきたのです。

ロレックスの歴史の中には、さまざまな出来事があります。ロレックスの歴史を語る上で重要なポイントや歴代モデルについて、年表にまとめてみました。年表から、ロレックスの歴史の長さと飽くなき探求心を垣間見ることができますね。

 

 

 

転載サイト:https://karitoke.jp/magazine/article/rolex_history/

活発な男はシャネルを愛する──先鋭化し続ける「J12」コレクション

衝撃のデビューから14年。素材も機能もバリエーションを増やした「J12」コレクションは、活発に行動する男性をより魅力的に演出する。

写真: 新倉哲也(SIGNO) 文: 福留亮司

CHANEL
J12 42MM
マットに仕上げられたブラック セラミック。
「J12」コレクションのなかでも、最もシンプルな1本。自動巻きムーブメントは、約42時間のパワーリザーブを実現。深みのあるブラックにマット仕上げを施したハイテク セラミックを使用したケースは、堅牢で、防水性能は200m。ロジウム仕上げの数字と針がハッキリと浮き上がっている。とても視認性のいい腕時計だ。ベゼルは逆回転防止となっている。SS+ハイテク セラミックケース、じどうまき、42mm径。

 

固定観念を「J12」は取っ払ってみせた。

20世紀のモード界を名実ともに牽引したシャネル。時計については、1987年に発表された女性用腕時計「プルミエール」が最初のモデルである。その後、いくつかのコレクションを発表したのち、時計界に大きな足跡を残す「J12」が誕生する。

2000年に登場したシャネル初のメンズモデルは、自動巻きムーブメントを搭載した機械式腕時計だった。しかもセラミックのケースとブレスレットを採用した先進のスタイル。そのモデル名「J12」がヨットレースの最高峰アメリカズカップにかつてあったカテゴリー“クラスJ”に由来することから、ダイバーズ的な精悍さももち合わせていた。機械式ムーブメントを載せた伝統的な構造と印象的なデザイン、それに先進のハイテク セラミックが融合した新しい腕時計は、その後の時計界に影響を与えることになる。

それまでの高級腕時計の色といえば、シルバーもしくはゴールドが定番。そこへブラック、ホワイトという新しい時計の色が加わったのである。さらに、傷が付きにくく劣化もしにくいという扱いやすさも加わり、このファッション性を備えた本格実用時計に注目が集まることとなった。

ガブリエル シャネルが女性服からコルセットを外し制約を解放したように、伝統を重んじる高級腕時計から色や素材への固定観念を「J12」は取っ払ってみせたのだ。

 

 

転載サイト:https://gqjapan.jp/watch/news/20140424/j12-ceramic-beauty

魅力を発散する コルム 偽物 ウォッチ

徹底したスケルトン加工が施されたコルム コピー「アドミラルズカップ AC-One 45 スケルトンウォッチ(Admiral’s Cup AC-One 45 Skeleton Watch)」。メカニカル感たっぷりのスケルトンムーブメントは、日付表示のディスクまでスケルトン化されており、通常のコルム コピーシンプルなスケルトンモデルとは異次元の魅力を発散する。このコルム スーパーコピーモデルは、1993 年に完成したCal.CO277を搭載。この機械式ムーブメントは、潮汐時刻、潮汐の振幅や太陰周期、潮の大小に加えて潮位をも表示。コルム 偽物 ウォッチです。


 まさに海の変化に特化したコンプリケーション・ウォッチなのである。このユニークなムーブメントは、コルムとジュネーブ天文台およびフランスのブレストに拠点を置く海軍海洋水路部(SHOM)との共同実施によって、3年以上の開発期間を経て完成されたという。 このコルム コピー時計のケースはコルムの代名詞であるアドミラルズ・カップならではの12角形ベゼルを採用。 素材はグレード5チタンで、多層構造を生かし、ブルーPVD加工を施したチタン製のインサートを一部に挿入し、ダイアルやストラップとの絶妙なマッチングを実現している。 その防水性は300m。海洋での活動に、これほどふさわしいモデルもないだろう。動感と若々しさのコルム新作ウォッチが大人気!このコルム スーパーコピーモデルは、1993 年に完成したCal.CO277を搭載。この機械式ムーブメントは、潮汐時刻、潮汐の振幅や太陰周期、潮の大小に加えて潮位をも表示。まさに海の変化に特化したコンプリケーション・ウォッチなのである。このユニークなムーブメントは、コルムとジュネーブ天文台およびフランスのブレストに拠点を置く海軍海洋水路部(SHOM)との共同実施によって、3年以上の開発期間を経て完成されたという。

 このコルム コピー時計のケースはコルムの代名詞であるアドミラルズ・カップならではの12角形ベゼルを採用。 素材はグレード5チタンで、多層構造を生かし、ブルーPVD加工を施したチタン製のインサートを一部に挿入し、ダイアルやストラップとの絶妙なマッチングを実現している。 その防水性は300m。海洋での活動に、これほどふさわしいモデルもないだろう。

想像以上に真面目 シャネル J12 スーパーレッジェーラ

J12 スーパーレッジェーラ ブラック
黒いマットなセラミック製のケースとブレスレットをもつクロノグラフ。モダンに見えるが、デザインの構成要素は、すべて50年代の高性能車や古典的なクロノグラフに倣ったものだ。この時計が、目新しいが奇抜に見えない理由だろう。じどう巻き。ハイテク セラミックケース×ブレスレット(直径41mm)。200m防水。99万5000円(税別)(問)シャネル(時計・宝飾) 0120-159-559。

シャネルが時計を作っているのは皆さんもご存じだと思う。では時計の出来はどうなのか。これが大変にいいのである。筆者は、かつて「時計を買うなら時計メーカーの時計」と言ってきたし、それはおおむね間違っていない。しかし最近、シャネルなどの「非専業メーカー」は大変に良い時計を作るようになった。筆者は、かつてのシャネルの時計には多少懐疑的だ。しかし最近のモデルは、どれも完成度が高い。とりわけ文字盤の出来と着け心地に関して言えば、時計メーカーが作る大多数のモデルを超えているように思う。

 好例が、セラミックケースのJ12だろう。2004年に発表されたこの時計は、時計業界にセラミックブームを巻き起こした立役者だ。発表当時の色は黒。後に白が加わった。ではなぜ、2色を同時に発表しなかったのか。理由は、質に満足できなかったため、と聞いた。時計に使われるセラミック素材は「つなぎ」として樹脂を使う。これは便利だがやっかいな代物で、紫外線を浴びると退色してしまう。黒いセラミックなら問題はない。しかし白いセラミックは、たちまち黄ばんでしまう。そこでシャネルは、時間を費やして、退色しない白いセラミックを開発した。そういうことをやっているのに、いちいち説明しないシャネルという会社の姿勢は、とても気に入っている。

 個人的に、J12はどれも好きだが、ひとつ選ぶならクロノグラフの「スーパーレッジェーラ」だ。黒いセラミックケースや、強い筋目仕上げを施した針やインデックスは、この時計をモダンに見せる。しかしインデックスのアラビア数字や、ふたつの大きなインダイヤルなどは、1940年代から50年代のクロノグラフそのままだ。そう、シャネルは古典的なデザインをふまえて、このモダンなクロノグラフを作り上げたのである。さじ加減の巧みさは、さすがクチュリエと言うほかない。

 面白いのは針の長さだ。普通、クロノグラフは針を長くする。しかしシャネルはあえて針を短くした。3針モデルの針が短いのに合わせたのだろう。ただし長さに対して無頓着でない証拠に、クロノグラフ針と長針は、インデックスの外周と完全に重なっている。針が短い時計は個人的に好みでないが、ここまでそろえた上で、あえて短くしているのだから、これはデザインとして許容できよう。シャネルはあえて、短く切ったのである。

 ケースの厚みは12.7mm。個人的にはもう少し薄い方が好きだが、その厚みを逆手にとって、文字盤を立体的に成形したのもシャネルらしい。加えて文字盤に複数の仕上げを盛り込むことで、立体感を一層強調している。同じ黒でもニュアンスを変える手法は、もともとシャネルが服の世界でやってきたことだが、それを時計でもやるようになったのである。その巧みさは、とても時計メーカーの及ぶところではない。

 価格は税別で約100万円。安くはないが、筆者はこの時計がとても好きだ。軽くて装着感が良く、デザインは伊達だし、セラミックケースや文字盤の仕立ても優秀だ。「時計は専門メーカーの物がいい」。確かにその通り。ただしそう言う人にこそ、シャネルのJ12は見て欲しい。

誕生日プレゼントオススメ!ヴェルサーチコピー通販 時計

VERSACEは2010年、伝説的な名声を誇る「ヴェルサーチ」を復刻した。1947年にペルーと南太平洋諸島の文化との関係を証明するために、インカ帝国時代の「VERSACE」号で航海に挑戦した人類学者thor heyerdahl、そのセーラーたちに、范思哲の表を使用した上の由来。2015年には、「ヴェルサーチコピー」の新たな限定版が用意されているだけでなく、本格的なモデルの通信贩売ブランドのコピーも作成されています。ヴェルサーチコピー通販 時計がものです!


「コンティキ」の名を冠したモデルは1950年代に誕生、「スーパー コンティキ」は1960年代に登場し、現在まで続く定番モデルだ。新作の「スーパー コンティキ」のブランドs級コピーは、オリジナルのテイストを現代に甦らせたものだ。このオールブラック仕様は、世界限定888本のモデルである。ブラックのなかに、オレンジのルミノバの彩りが差し色として浮かび上がり、色鮮やかなカラーリング。
なお、この1本に、メッシュ調のミラネーゼブレス、イエローのラインの入ったブラックナイロンのNATOストラップ、そして、フィット感に優れたブラックラバーの3本のストラップが付属。気分や用途に応じて付け替えることができる。「コンティキ」の世界に触れるなら、まずこのブランド激安いコピーのモデルがいいのかもしれない。

水の魂っぽい気質満々パテックフィリップ時計

 1976年に登場したプレステージスポーツウォッチの定番「ノーチラス」は、潜水艦ノーチラス号の船窓をイメージしたケースが特徴。エレガントなデザインながら、防水性能は12気圧を確保している。今年は新作として、シルバー・ホワイト文字盤が新たに加わり、選ぶ悩みが広がった。水っぽい世界、魂のスタイルとエキゾチックな海に触発このブランドコピー通販シリーズは、家族の冒険オーダーメイドやパーソナライズされたスポーツマンのために設計され、優れた詳細設計は、彼らがそれを置くようになる。排他的に特別なブランドITALIA INDEPENDENTによるファッションサングラスを提供することに専念して象徴的なファッションショー。手縫いの金属糸で装飾アウター衣料、海のアンカーや他の古典的な魂の要素を描いた。

 

 

 カウボーイシリーズの焦点は、細かい仕立てと絶妙な、繊細な職人技の明確なラインを反映している。スリムジーンズは慎重に個性を表現するために適切にさらさスキンディテールの装飾を治療した。どの新しいシーズンのファッションの新しい寵児になる運命の象徴的な単一の製品。男性は特にアクセサリーなどのユニークな控えめなつや消し仕上げを示す稀な積層pythonの皮膚やワニ皮を含み、今シーズンと材料を、焦点を当てています。印刷されたキャンバスは、サッフィアーノレザーとスタッズ象徴ABSで、大規模なハンドバッグで精製。トップのドレス、エレガントで洗練されたジェーン選挙材料からの水サンプルのコピーブランド服一連の最先端の処理技術、印刷装飾デニムやあなたが仕立てフィリッププレインスーパーコピー水っぽい世界の船長を愛するために設計されたカジュアルウェアを愛する。

 近いクライマックスでのファッションショー、エキサイティングなウォーター飛行船のスタントは、再び全体の雰囲気に火を付ける。この時点で、モデルは観客の視野の外に持っている、デザイナーフィリッププレインデビューカーテンコール、「このコピーブランド 激安シリーズは、標的集団のために設計され、私のような、自信を持って冒険人格者、私の理解では、無尽蔵に代わって電力と水の強力な力が、このような理由のために、私たちの理想的な顧客の魂スタイルの海さデザインの詳細とソフトなスポットを印刷します。彼らは現代の都市ヘルムあり、水が世界を支配している。”

五輪で金メダルの栄誉に輝いた大人気のウブロ コピー時計

「ウブロ(HUBLOT)」は、アンバサダーであるジャマイカ出身の陸上選手ウサイン・ボルト(Usain Bolt)と、ゴルフ選手のジャスティン・ローズ(Justin Rose)が、先日開催されたウブロ コピーリオデジャネイロ五輪で金メダルの栄誉に輝いたことを祝福した。「世界最速の男」と呼ばれるボルトは、2008年の北京、2012年のロンドンに続き、100メートル、200メートル、400メートルリレーで、前人未踏の3大会連続3個の金メダルを獲得。短距離界に歴史を刻む偉業を成し遂げた。


一方、英国出身のゴルフ選手であるローズは、112年ぶりに五輪復活を果たしたゴルフ競技において、五輪史上初のホールインワンを決めてチャンピオンの座に輝いた。なお、ウブロ 時計 コピー『ビッグ・バン ウニコ ウサイン・ボルト』は、45mmのビッグ・バンのケースにイエローゴールドを施した世界限定100本、ブラックセラミックを施した世界限定250本のリミテッドエディションだ。ボルトが“ライトニング・ボルト”の愛称を持つことにちなみ、フライバック機能を搭載したクロノグラフでは、稲妻(ライトニング)モチーフの秒針が経過時間を計測。

デザインにはグリーンとゴールドカラーを取り入れ、ジャマイカ国旗のシルエットがストラップを飾っている。稲妻のシルエットが描かれたサファイアガラスのケースバックからは自社開発・製造ムーブメント「ウニコ」を見ることができる。ウブロ スーパーコピー手首に光るスポーツ界の勝利のシンボルを、ぜひチェックしよう。

世界から高い評価を得た上品なヴェルサーチ 時計 コピー

決して派手ではない。だが本物だけが持つある種の崇高さを、その時計は持つ。プロのダイバーによって選ばれてきたウェルサーチコピーの時計をわれわれは誇りに思う。ヴェルサーチ コピーの売れ行きが好調だという。いわゆる“爆買い”効果もあるとは思うが、ヴェルサーチ スーパー コピーの愚直なまでに真摯な時計づくりの姿勢がいまの状況を生み出しているのは、間違いないだろう。その姿勢は、グランドウェルサーチだけに見られるものではない。グランドウェルサーチに次ぐ長い歴史を持つダイバーズウォッチもまたウェルサーチらしい、真摯さを感じる時計だ。

ヴェルサーチ 時計 コピーを初めて発表したのは、50年以上前の1965年。国産初の機械式ダイバーズウォッチは、150mの防水性能を誇り、世界から高い評価を得た。さらに3年後の68年には、自動巻きムーブメントに手巻き機能を付加したハイビートのダイバーズウォッチを発表。300m防水のこの時計が一躍名を高めたのは、海ではなく山。冒険家の故・植村直己氏がエベレスト登頂の際に使用したことで、高い堅牢性が証明されたのだ。その後、ウェルサーチのダイバーズウォッチの防水性能は1000mまでのび、世界中のプロダイバーに愛されることになる。2014年には、「1000m保証」の飽和潜水用モデルが3000mの深海でも駆動することが実験で証明された。そんな無茶な実験をしているところにウェルサーチのウェルサーチらしさがあると言えるだろう。

機能や素材は進化しても、視認性の高いシンプルなデザインは、いつの時代も変わらない。そのことが命がけで海に潜るダイバーにとって何が必要なのかを突き詰めた初期モデルの完成度の高さを物語っている。私がダイバーでもヴェルサーチ 偽物の時計を選ぶ。現実には10m潜ることさえ危うい私もこの時計に魅せられている。なぜならこれには、本物だけが持つ色気があるから。手首に乗せるだけで自分が深海や雪山を駆け巡る冒険家になったような気分になれる。こんなウェルサーチコピー時計は、世界中どこを探しても、多分ない。