ミハラ ヤスヒロ×ウニマティックの腕時計 – ヴィンテージ加工を施したケース、バックにはロゴを刻印

ミハラ ヤスヒロ(MIHARA YASUHIRO)と時計ブランド・ウニマティック(UNIMATIC)のコラボレーションによる腕時計「Modello Uno U1-MY」が登場。2019年4月27日(土)より、メゾン ミハラ ヤスヒロ直営店にて50本限定で販売される。

「ウニマティック」とは

ウニマティックは、デザイナーのジョヴァンニ・モーロとシモーネ・ヌンツィアートによって2015年に設立された、イタリアの時計ブランド。デザインされる時計は細部まで徹底的にこだわり、全て限定数量で生産。それぞれにシリアルナンバーが刻印され、同じモデルが再生産されることはない、エクスクルーシブなプロダクトを販売している。

ミハラ ヤスヒロとのコラボモデル「Modello Uno U1-MY」

そんなウニマティックがミハラ ヤスヒロとのコラボレーションで贈る腕時計が「Modello Uno U1-MY」。普段からダイバースウォッチを愛用するデザイナー・三原康裕のエッセンスを反映し、唯一無二のデザインの1本に仕上げた。

ブルーをメインカラーに

カラーパレットはミハラ ヤスヒロのブランドイメージカラーであるブルーを様々色合いで表現。カバーケースにはネイビーブルー、ベゼルにはアルミ製のリフレックスブルー、文字盤にはマットブルーを採用し統一感のあるルックスを完成させた。

細部のデザインを引き立てるヴィンテージ加工

また、サイドには、通常デニムの製造に使用されるストーンウォッシュ加工を施した。ヴィンテージ感を演出するとともに、トップリングの細かい刻み目とケースバックのデザイン要素を引き立てる。

コラボを象徴するロゴ

ウニマティックのベーシックデザインにミハラ ヤスヒロのブランドロゴを重ねたオリジナルロゴをケースバックに配置。漢字の小さな文章では日本へのオマージュを表現した。

2種のストラップが付属

ストラップは、濃紺のコードバンストラップと、ストーンウォッシュされた紺のクロムメッキのバックルを使用したメッシュストラップの2種が付属。異なったニュアンスを気分によって変えて楽しむことが出来る。

from https://www.fashion-press.net/news/49276

シャネルの人気腕時計「J12」がリニューアル、より滑らかなシルエットで視認性も向上

シャネル(CHANEL)は、新しくなった人気腕時計「J12」をバーゼルワールド 2019で発表した。発売は、2019年6月5日(水)を予定している。

“21世紀のアイコンウォッチ”と称されるシャネルの「J12」

©CHANEL

19年前に誕生した「J12」は、そのデザインを手掛けたシャネルのアーティスティック ディレクター、ジャック エリュが愛する自動車とセーリングの世界観から着想を得たスポーティーな腕時計。ウォッチメイキングの世界に革命を起こしたブラック セラミック製のボディで、“21世紀のアイコンウォッチ”とも称された。

その後、2003年にはホワイトセラミックのモデルが登場。以後変わらず、シャネルのウォッチコレクションの中でもエターナルな存在であり続けている。

ディテール部分までデザインを刷新

©CHANEL

スイスのマニュファクチュール、ケニッシ製のオリジナルキャリバー 12.1を搭載したため、少し厚みを増やしたケースは、側面にカーブを持たせ滑らかにすることで、厚さは以前と変わらないような印象に。リュウズの幅と、リュウズにあしらったセラミック製カボションのサイズを従来の3分の2に縮小することで、「J12」ならではの流れるような滑らかなラインを維持している。

また、数字やインデックスの書体も変更。ダイヤル中央のレイルウェイ目盛りを改良するとともに、新たにインジケーターを追加したことで視認性を向上した。中央部分に配置している“AUTOMATIC”と“SWISS MADE”の表記をシャネルの書体と同一のものに変え、よりシャネルらしさ溢れるデザインとなった。

さらに、時針と分針の幅は同一にし、夜光部分のサイズを変えた。ブラックモデルの白い針に黒、ホワイトモデルの黒い針に白の蓄光性夜光顔料「スーパールミノーバ」をあしらっている。

©CHANEL

COSC認定、約70時間ロングパワーリザーブを誇るキャリバー 12.1搭載

ケースバックにサファイアクリスタルを施した一体型のセラミックケースからは、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)の認定を受けた新しいキャリバー 12.1の動きを鑑賞できる。スイスのムーブメント製造会社ケニッシ(KENISSI)製の新オートマティック ムーブメントが、新たな「J12」の心臓部となっており、パワーリーザーブは約70時間を誇る。

キーラ・ナイトレイが出演するキャンペーンビジュアル公開

シャネルは、新たな装いとなった「J12」の登場にあわせて、キーラ ナイトレイをはじめ、キャロル ブーケ、ナオミ キャンベル、ヴァネッサ パラディ、リリー=ローズ デップらのシャネルとゆかりの深い9人のアイコニックな女性を起用したキャンペーンを展開。彼女たちの人生を変えた決定的瞬間について語る動画も公開されている。

from https://www.fashion-press.net/news/48413

ニューヨーク発の腕時計ブランド「ドメニ コー(Domeni Co)」が日本初上陸。2019年3月8日(金)より全国のエイチエムエスウォッチストア(H°M’S” WatchStore)にて展開が開始される。

ニューヨーク発の腕時計ブランド「ドメニ コー(Domeni Co)」が日本初上陸。2019年3月8日(金)より全国のエイチエムエスウォッチストア(H°M’S” WatchStore)にて展開が開始される。

「ドメニ コー」の腕時計の特徴は、毎日を少しだけ贅沢な気分にしてくれるアクセサリーのようなルックス。カジュアルスタイルからドレススタイルまで、様々なシーンで着用できるシンプルさと見やすいデザインもポイントだ。

また、高品質なスイスムーブメントを使用するなど、機能のクオリティにも拘った。デザインと共に時計として長く愛用できる一本になるよう、外見から内部まで高いクオリティが追及されている。

なお、時計は、ユニセックスで使えるケース径40mmのシグニチャーシリーズとエレガントなケース径22mmのマイクロシグニチャーシリーズの2つのラインで登場。価格帯は20,000円から27,500円が予定されている。

from https://www.fashion-press.net/news/47833

アイスウォッチ”ユニコーン”を描いた腕時計「アイス ファンタジア」秒針を角に見立てて

アイスウォッチ(Ice-Watch)から、ユニコーンをモチーフにした腕時計「アイス ファンタジア(ICE fantasia)」が登場。2019年3月29日(金)より、全国のアイスウォッチストアなどで発売される。


左から)アイス ファンタジア ピンク、ホワイト 各12,000円+税

ユニコーンといえば、勇敢で強靭な一角獣として知られるヨーロッパの伝説上の動物。実は乙女の膝の上で眠る時だけは穏やかな表情を見せる、という愛らしいエピソードも有名だ。

「アイス ファンタジア」には、そんなユニコーンの愛くるしい一面を表現。すやすやと眠るユニコーンのイラストを、文字盤に配した。

バリエーションは、ピンクとホワイトの2種類。ピンクストラップのモデルには、ダイアルにパステルカラーのたてがみが印象的なユニコーンの横顔を描いた。

ホワイトストラップのモデルは、ユニコーンの角に見立てた秒針がポイント。文字盤には煌びやかな星も散りばめ、より一層ファンタジーなムードに仕上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/48294

ベーリングの腕時計「チェンジズ」華奢なサイズ感と付け替えストラップを楽しむ、女性向けの新作

デンマーク発の腕時計ブランド「ベーリング(BERING)」の新作ウィメンズウォッチ「チェンジズ(Changes)」が、2019年4月5日(金)よりベーリングショップ渋谷、ノルディックフィーリング各店、ほか全国の取り扱い店舗で発売される。

 

2013年より日本別注品として展開されていた「11119」シリーズが、「チェンジズ」シリーズとしてリニューアル。女性に人気の華奢なサイズ感はそのままに、付属するカーフレザーとメッシュの2本のストラップを付け替えることで、気軽に時計の装いを変えられるのがポイントだ。

展開モデルは、ゴールドもしくはシルバーカラーのケースに、ブランドがインスピレーション源とする「北極」を思わせる、シックな色味の文字盤を合わせた3モデル。レザーバンドを付ければケース部分がより引き立ち、同色のメッシュバンドを付ければ時計全体のカラーマッチングが楽しめる。

 

サイズは径19mmの厚さ6.5mm、重量はレザーバンド付きで約12.5g。その軽さと小柄なサイズ感で、アクセサリー感覚で使える1本となっている。

from https://www.fashion-press.net/news/48727

「ザ・シチズン」文字板に土佐和紙を使った限定腕時計、ワニ革製の替えバンドもセットで

シチズン(CITIZEN)が展開する高級ライン「ザ・シチズン(The CITIZEN)」から、文字板に土佐和紙“雲龍紙(うんりゅうし)”を使用した限定モデルが登場。2019年5月1日(水)に発売される。

シチズンブランドの最高峰として時計の基本性能を追求する「ザ・シチズン」は、腕時計に搭載する光発電エコ・ドライブの文字板素材を研究・開発する中で、日本古来より光を取り込むために障子などに使用されてきた和紙に着目。2017年に、日本三大和紙の1つに数えられる「土佐和紙」を初めて採用した。

新作の限定モデルには、薄さと丈夫さを兼ね備えた「土佐和紙」の中でも、“雲の中を翔ける龍の様に見える”独特な繊維の流れが特徴の「雲龍紙(うんりゅうし)」を採用。「土佐和紙」ならではの質感と風合いが楽しめる仕上がりとなっている。

 
「AQ4021-51W」《限定300本》380,000円+税

光発電エコ・ドライブを搭載、年差±5秒という最高レベルの精度を実現したムーブメントが収まっているのは、流行に左右されないスタンダードなデザインのケースとバンド。いずれも軽くてキズがつきにくいシチズン独自の素材であるスーパーチタニウムを採用し、職人が手作業でザラツ研磨を行うことで、鏡のような深い輝きを放っている。

また、和紙の風合いにマッチした“ワニ革製の替えバンド”も付属しており、着用シーンに合わせてウオッチの雰囲気も変更可能だ。

from https://www.fashion-press.net/news/48731

アイスウォッチ新作腕時計「レインボー」が数量限定で発売

アイスウォッチ(Ice-Watch)から数量限定の腕時計「アイスチェンジ – レインボー」が、2019年4月27日(土)より全国のアイスウォッチストアにて発売。また、4月12日(金)よりアイスウォッチ公式オンラインストアにて先行発売する。


アイスチェンジ – レインボー 12,000円+税

「アイスチェンジ – レインボー」は、ホワイトのベルトにレインボーの文字盤を配したデザイン。大きさは40mmのミディアムサイズで、ジェンダーレスで着用可能だ。

なお、このモデルは、年齢や性別、文化の枠を超え、たくさんの人に届けたいというブランドの想いから誕生したモデル。文字盤には、LGBTのシンボルカラーである6色の虹、通称“プライドカラー”が配されている。

from https://www.fashion-press.net/news/48926

サルヴァトーレ フェラガモの腕時計「ガンチーニ ブレスレット」ダイヤ輝くミニサイズのドレスウォッチ

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)より腕時計「ガンチーニ ブレスレット(Gancino Bracelet)」が装い新たに再登場。2018年10月より、サルヴァトーレ フェラガモ ブティックで限定販売される予定だ。

 
ガンチーニ ブレスレット 各110,000円

「ガンチーニ ブレスレット」は、サルヴァトーレ フェラガモのアイコニックな「ガンチーニ」モチーフをケースにあしらった、ミニサイズながらも可憐な存在感を放つ腕時計。シャンパンカラー仕上げのケースは、上品な輝きでダイヤモンドのインデックスを添えたマザーオブパールの文字盤を引き立てる。

カーフレザー製のベルトにはメタルのスタッズをあしらい、明るい表情に。ベルトはピンク、ブラック、レッドの3色を用意する。パーティーシーンには勿論、日常のスタイリングにも使えるジュエリーウォッチだ。

from

 

https://www.fashion-press.net/news/42189

ニコライ バーグマン×エルラーセン「花」モチーフの腕時計、ひまわりや百合を描いて

「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン(Nicolai Bergmann Flowers & Design)」と、デンマークの時計ブランド「エルラーセン(LLARSEN)」がコラボレーション。期間限定生産の腕時計が、一部店舗を除く全国のオンタイム、全国のチックタックにて、2018年10月初旬から順次発売される。

「エルラーセン」とは

「エルラーセン」はメイド・イン・デンマークにこだわる時計ブランド。2012年創業時のブランド名「ラースラーセン(LARS LARSEN)」から、2018年9月にその名を「エルラーセン」に改め、よりライフスタイルに寄り添ったウォッチを提案していく。

“花”モチーフの腕時計

その第1弾として誕生するのが、「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」とタッグを組んだ新作。デンマーク人が大切にする心地よい時間「ヒュッゲ」に必要不可欠な”花”をモチーフにした可憐な腕時計を展開する。バリエーションは、「グロリオサ(Gloriosa)」「サンフラワー(Sunflower)」「フリルリリー(Frill Lily)」の3種類。

グロリオサ

グロリオサ 19,000円+税
グロリオサ 19,000円+税

「グロリオサ」は、グロリオサの花が持つ美しいシルエットを文字盤に投影。刻々と姿を変える花の儚さを表現している。37mmとやや大きめのケースながら、シンプルなデザインと繊細な花のモチーフが上品な1本だ。

サンフラワー

サンフラワー 26,000円+税
サンフラワー 26,000円+税

太陽のように咲き誇る向日葵を表現したのは「サンフラワー」。文字盤いっぱいに描かれたひまわりは、力強くも繊細なタッチが印象的だ。ケースには「エルラーセン」のベストセラーモデルCAROLINEを採用した。

フリル リリー

フリル リリー 28,000円+税
フリル リリー 28,000円+税

ミニマルなスタイルの「フリル リリー」には、花びらが幾重にも重なるをユリをあしらった。ベースとなったのは「エルラーセン」の最小ケースモデルLYKKE。ミラネーゼ織の繊細なストラップがジュエリーのような煌めきを放つ。

from

https://www.fashion-press.net/news/43038

スイスの腕時計ブランド「チューダー(TUDOR)」日本上陸 – ロレックスの創立者が手がけた時計

ロレックス(ROLEX)の創立者が手がけるスイスの腕時計ブランド「チューダー(TUDOR)」が、日本に上陸する。2018年10月31日(水)より、伊勢丹新宿店本館、大丸東京店、タカシマヤ ウオッチメゾン、阪急メンズ大阪、髙島屋大阪店、松坂屋名古屋店で展開する。

ロレックスの創立者が手がけたブランド

ブラックベイ フィフティーエイト 320,000円+税 ※予価
ブラックベイ フィフティーエイト 320,000円+税 ※予価

「チューダー」は、ロレックス(ROLEX)の創立者ハンス・ウイルスドルフが、1926年にスタートした腕時計ブランド。ロレックスの技術と信頼性を備え、先駆的な腕時計を創りたいという彼の思いから誕生した。

これまで「チュードル」という呼称で日本では知られてきたが、その名も変更しての日本上陸となる。ブランドを象徴する「ブラックベイ(BLACK BAY)」、「ぺラゴス(PELAGOS)」、「ヘリテージ(HERITAGE)」の3つのコレクションから、多数のモデルを展開する。

ブラックベイ

ブラックベイ GMT 380,000円+税 ※予価
ブラックベイ GMT 380,000円+税 ※予価

「ブラックベイ」は、60年以上にもわたるチューダーのダイバーズウォッチの歴史を結集した、ブランドを代表するコレクション。パワーリザーブ約70時間で、200mまでの防水性能を持つ、機能性に優れたモデルだ。

展開モデルには、タイム計測ができるクロノグラフモデルの「ブラックベイ クロノ」、ラグジュアリーでモードな雰囲気のブロンズをケースに使用した「ブラックベイ ブロンズ」、そしてGMT機能を搭載した「ブラックベイ GMT」など、豊富なバリエーションを用意した。

ぺラゴス

ペラゴス 430,000円+税 ※予価
ペラゴス 430,000円+税 ※予価

「ぺラゴス」は、水中冒険家たちのライフスタイルの象徴として長年にわたり進化を遂げてきた本格ダイバーズウォッチ。このコレクションを特徴づけるのは、チタニウム製ブレスレットに装備された、スチール製フォールディングクラスプ(留め金)だ。このクラスプには、チューダーが開発・特許を取得したスプリングのメカニズムが搭載されており、自動調節機能でダイビング中でもブレスレットの調節ができる。

ヘリテージ

ヘリテージ クロノブルー 400,000円+税 ※予価
ヘリテージ クロノブルー 400,000円+税 ※予価

「ヘリテージ」は、かつてコレクターたちが熱狂的に愛したモデルからインスパイアされ、そのモデルを最新の技術でアップデートしたもの。鮮やかなブルーがクリーンな印象を与える「ヘリテージ クロノブルー」は、カジノのルーレット盤を思 わせるそのダイアルデザインからコレクターたちに“モンテカルロ”と呼ばれていた。また、オレンジ色がポイントになった「ヘリテージ クロノ」は、ダイヤルマーカーの形が野球のホームベースを連想させることから、ホームプレートと呼ばれている。

from

https://www.fashion-press.net/news/43717