オメガ、人気の「スピードマスター CK2998」から限定モデル、脈拍数を計測できるパルスメーター搭載

オメガ(OMEGA)は、人気の「スピードマスター CK2998」を進化させた新作「スピードマスター CK2998 パルスメーター」を2018年6月より世界限定2,998本で発売する。

「スピードマスター CK2998」は、1959年の発表以来、ヴィンテージ「スピードマスター」の中でも世界で最も人気を誇るモデルのひとつとして、ウォッチ愛好家から時代を問わず根強い支持を得てきた。そんな世界のウォッチコレクターをも唸らせる同モデルをアップデートし、誕生したのが「スピードマスター CK2998 パルスメーター」。その名の通り、最も特徴的なのは、ベゼルに搭載された1分間あたりの脈拍数を計測できるパルスメーターだ。

また、ブラックを基調にしたシックなビジュアルも魅力。3つのサブダイアル、そしてポリッシュ仕上げのセラミック製ベゼルまですべてブラックで統一して、シルバーのダイアルを際立たせた。その上でブラックの時針と分針、艶やかなレッドの秒針が時を刻み、指針の先には暗闇の中で光るスーパールミノヴァを塗布したブラックのインデックスが配置されている。ストラップは、ブラックのパンチング レザーで、内側にホワイトラバーを忍ばせた。

なお、ケースの裏面には“SPEEDMASTER”と“Ω”ロゴをエンボス加工、“LIMITEDEDITION”と限定番号を刻印している。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/40292

オメガ腕時計「レイルマスター」を復刻、新たなムーブメントでより高い精度にアップデート

オメガ(OMEGA)は、1957年のモデルを復刻した腕時計「レイルマスター」を発売。

「レイルマスター」は、1957年当時は鉄道員など電界の近くで働く人々に向けて作られた、当時より高い耐磁性と精度を誇っていたモデル。今回発売されるモデルは、オリジナルのシンプルで優雅なデザインはそのままに、新たな機械式ムーブメント「コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8806」を搭載することで、性能をアップデート。現代最高水準の耐磁性によって、より高い精度で正確な時刻をキープする。

また、文字盤も一新。ブラッシュ仕上げを施し、埋め込み型インデックスには夜光塗料のヴィンテージ スーパールミノヴァを使用。さらに、線路を思わせるミニッツトラックや、オメガの精度を象徴する“十字”、ナイアードロックで固定されたシーホースのメダリオンが刻印されたケースバックなど、ディテールにもこだわりが光る。

 

グレーダイアルのタイプは一体化型ステンレススティール製ブレスレットか、ブラウンのレザーNATOストラップ、ブラックダイアルのモデルは、ステンレススティール製ブレスレットもしくは、ブラックのテキスタイルストラップから選択可能だ。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38299

オメガ“ウルトラマン”限定時計「スピードマスター」ライトで照らすとシルエットが浮かび上がるダイアル

オメガ(OMEGA)は、限定腕時計「スピードマスター “ウルトラマン” リミテッド エディション」を2,012本世界限定で発売。オフィシャルサイト専用予約ページより予約を受け付ける。

限定ウォッチ「スピードマスター “ウルトラマン” リミテッド エディション」は、円谷プロダクションが制作した特撮シリーズ『ウルトラマン』のヒーローとコラボレーションしたモデル。オメガの1967年のモデル「ムーンウォッチ」のDNAを受け継ぎながらも、遊び心をふんだんに取り入れた仕様が魅力となっている。

秒針はオレンジにカラーリングされ、3時位置に配したミニッツカウンターの最初の3分間も、ウルトラマンが3分間しか変身していられないことにちなんでオレンジ色で示されている。さらに、9時位置のスモールセコンドには、隠された仕掛けが。時計に付属するストラップ交換用ツールに施されたUVライトでダイアルを照らすと、ウルトラマンのシルエットが浮かび上がってくる。

ストラップは、センターにオレンジのラインを配したブラックのNATOストラップと、ブラックのレザーストラップの2種類が付属されており、気分に合わせて付け替えることができる。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/41261

OMEGA (オメガ) が挑む世界最高峰の精度、新たな品質基準マスター クロノメーターを搭載したモデルが登場

世界に数ある時計メーカーの中でも、OMEGA (オメガ) ほどムーブメントにおける革新性を体現するブランドはそう無い。そのスピリットを表すのが、1999年に技術士の George Daniels (ジョージ・ダニエルズ) によって開発された複雑機構「コーアクシャル・エスケープメント」であり、その後2000年代に発表された「シリコン製ヒゲゼンマイ」だ。

1952年に発表された「コンステレーション」初期モデル | © OMEGA

1952年に発表された「コンステレーション」初期モデル | © OMEGA

そして今回、その歴史をまたしても塗り替える新たなエポックメイキングとなる最新の機械式ムーブメントが誕生した。15,000ガウスという強い磁気にも耐え得る耐磁性を実現したこの新機構では、メトロの自動改札やスマートフォン、そしてバッグの金具に至るまで、生活の至るところに取り入れられた磁気を受けてなお影響されない精度を実現している。

その優れた性能を証明するのは、スイス連邦計量・認定局 (Swiss Federal Institute of Metrology、通称 METAS) による時計業界の新たな品質基準、「マスター クロノメーター」。既存のクロノメーターの基準に加え、以下の8つの新基準を満たしたモデルのみに認定される「マスター クロノメーター」は、まさに OMEGA が誇る世界最高峰の開発技術を示している。

マスタークロノメーター認定基準
1) 1 5,000 ガウス以上の磁場に触れた際の各ムーブメントの機能
2) 時計の傾きをかえた 6 つの姿勢における各精度誤差
3) パワーリザーブ残量が 100%~33%程度のときの各時計の精度誤差
4) 1 5,000 ガウスの磁気に触れた際の時計機能
5) 1 5,000 ガウスの磁気に触れた後の、各時計の一日平均の精度誤差
6) 日常的な装着条件 (6 つの向き、23℃ 33℃ 2 温度) を繰り返す検査での各時計の一日平均の精度誤差
7) モデルごとに定められた時計のパワーリザーブ機能。自動巻きモデルの場合は、手動巻ではなく、自動(自然な着用状態)で巻き上げた場合の巻き上げ効率とその後のパワーリザーブ機能
8) モデルごとに定められた時計の防水性能 (水中でのテスト)

そして今回、METAS 認定「マスター クロノメーター」を搭載した第1号機として発表されたのが「コンステレーション グローブマスター」。1952年の発表以降、OMEGA のタイムレスなアイコンとして長きに渡り親しまれてきた「コンステレーション」の初期モデルにインスパイアされた新作は、「フルーテッドベゼル (溝型のベゼル)」や「パイパンダイアル」などオーセンティックな機械式時計のデザインを踏襲する一方で、同じく OMEGA の独自開発により高い耐経年劣化性を実現したローズゴールドである「セドナ ゴールド」を取り入れるなど、現代的なアプローチも巧みに取り入れている。

© OMEGA

© OMEGA

ケースバックにあしらわれるのは、高性能な機械式ムーブメントの証であるメダリオン。天文台のキューポラをイメージしたこのメダリオンには、OMEGA が記録した最重要精度記録を表す8つの星が描かれている。さらに玄人は、この8つの星が先の「マスター クロノメーター」の8つの審査基準も示していることも知っておいた方がいいだろう。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/59974

未知なる深海に想いを馳せて、Omega (オメガ) から「シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック」が発売

Omega (オメガ) のアイコニックなダイバーズウォッチ、「シーマスター プラネットオーシャン」から新作となるディープ ブラックモデルが発売される。600mという防水性能の同シリーズでは、今回初の試みとしてセラミック製のねじ込み式シースルーケースバックを採用。ムーブメントには、スイス連邦計量、認定局 (通称 METAS) によって新たに制定された機械式時計の精度を示す「マスター クロノメーター」を取得したキャリバー8906が搭載されている。

グロッシーとマットという異なるフィニッシングのブラック セラミックを使用した「シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック」は、4色のカラーバリエーションで展開。ダイバーズウォッチらしく、それぞれのカラーにも未知なる深海のストーリーにインスピレーションを受けたストーリーが詰まっている。まず象徴的なレッドは、水深 5m の環境において色が見えなくなり、ウェットスーツと同化していく色合いを表現したという。そして更に深く、水深 275m まで潜ると光の透過生によって見えなくなるのが、ブルー。最後水深 300m まで達すると、同コレクションのブラックモデルのように、そこには地上の光が一切届かない漆黒の世界が広がるという。そこで光を放つのが、蓄光性のスーパールミノヴァのコーティングを施した針。静謐でありながら力強いデザインは、また同時に Omega ならではの高い技術と精度の結晶でもある。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/74929

人気定番新作耐磁性と精度が保証できるオメガ コピー腕時計

1970年に米国が月探査のために打ち上げたアポロ13号に爆発事故が発生。乗組員の地球への帰還は絶望的と思われた。しかし、冷静な地上クルーと宇宙飛行士による14秒ジャストのエンジン噴射によって無事地球に生還できた。アポロ13号の危機を救ったムーンウォッチの業績により1970年にオメガが受賞した「スヌーピー アワード」から45周年を記念したスペシャルオメガ 偽物の限定モデルである。

可愛げのあるホワイト文字盤にはスヌーピーの姿と映画『アポロ13』中の名セリフ「FAILURE IS NOT AN OPTION」をプリント。最初の14秒間のスケールは、マンガのコマを模しており、そこには「14秒で何ができた?」という印象的な言葉。オメガ コピー腕時計のケースバックのダークブルーのエナメル塗装のなかに、宇宙飛行士の格好をしたスヌーピーの姿が浮かび上がる。飛び切りにユーモラスで独創的な「スピードマスター」は、大きな話題を呼びそうだ。

品質規格には、完成状態でのオメガ 時計 コピーの精度や1万5000ガウス以上の強耐磁性を含む信頼性など、8つ規準が設けられている。ほかの時計メーカーでもこの審査を受けることもできる。今年のオメガの製品展開は“意欲的”という言葉で収まらないほど。さっそく、チェックしてみて。

新しい技術で耐磁性を持つオメガ 時計 コピー

日本でもオメガの修理依頼の多くが磁気の影響によるものだという。そこで開発されたのが、オメガ コピー耐磁性時計「シーマスター アクアテラ“15000 ガウス”(Seamaster Aqua Terra 15000 Gauss)」である。

オメガ コピー従来の耐磁時計は既存ムーブメントを軟鉄製インナーケースで包むことで磁気を逃がす方法がとられていた。しかし、これでは約1000ガウスで耐磁性が頭打ちとなる。そこでオメガではムーブメントを耐磁ケースで覆うのではなく、ムーブメントの部品から磁気を帯びる素材を徹底して排除することで、裏蓋をサファイアガラスのシースルー仕様としてムーブメントの美しさを堪能できる完璧に近い耐磁性を持つ時計を目指したのである。

その結果、チタン製テンワとシリコン製ヒゲゼンマイを搭載するCal.8500をベースとし、テンプやアンクルの芯など、従来は鉄が用いられた部品を磁気を帯びない「ニヴァガウス(Nivagauss)」と命名された新素材に変換することで15000ガウスもの磁気にも影響を受けない超耐磁時計が完成。この数値は、オメガ 時計 コピー従来の耐磁性時計の15倍もの数値である。

新しい技術を採用したオメガ コピー 激安の時計の完成

このオメガ コピー新作「スピードマスター ムーンウォッチ“ダークサイド・オブ・ムーン”(Speedmaster Moonwatch“DARK SIDE OF THE MOON”)」は“真っ黒のスピードマスターを作りたい!”という開発者の夢を実現させた。

開発開始当初、オメガ 時計 コピーのケースを黒く染める技術は、PVD(Physical Vapor Deposition:物理蒸着)、やDLC( Diamond‐Like Carbon:ダイヤモンド・ライク・カーボン)などで、どうしても傷ついてしまうので製品化を断念したという。しかしその後、ファイン・セラミックスの採用を決定。強度が必要なケースの中胴部分はメタルで製作し、これにセラミックスの外装をかぶせる形式を取ることで、ミドルケール、ベゼル、プッシュボタン、リューズやストラップのバックルまで、すべてセラミックスが使われている。

このオメガ コピー 激安の時計のケースの製造はスイスのコマデュール社が担当するが、当初は“無理だ”と拒絶されたという。しかし、スウォッチグループのハイエック氏から直接、指示を出すことで、なんとか製作に成功。ケースのカット面は、セラミックスを焼成してから加工を行うが、これにはステンレスの20倍もの工程がかかるという力作である。

数量限定HOT上品な印象を演出するオメガ 時計 コピー

オメガ コピーより、時計業界の新たな基準となる“マスター クロノメーター”を世界で初めて取得した、最新モデル「コンステレーション グローブマスター」のブランドコピーが本店上陸。2016年2月より発売される。

1952年に発売された「コンステレーション」のクラシックなデザインと最新技術がクロスオーバーした「コンステレーション グローブマスター」。本モデルのブランドコピー品もクリアした新基準は、10日間渡る厳しい8つの世界最難関テストを経たものだけが取得できる。

①15,000ガウス以上の磁場に触れた際の各ムーブメントの機能
②時計の傾きをかえた6つの姿勢における各精度誤差
③パワーリザーブ残量が 100%〜33%程度のときの各時計の精度誤差
④15,000ガウスの磁気に触れた際の時計機能
⑤14,500ガウスの磁気に触れた後の、各時計の一日平均の精度誤差
⑥日常的な装着条件(6つの向き、23°Cと33°Cの2温度)を繰り返す検査での各時計の一日平均の精度誤差
⑦モデルごとに定められた時計のパワーリザーブ機能
⑧モデルごとに定められた時計の防水性能(水中でのテスト)
※ガウスとは、磁束密度及び磁界強度の大きさの単位
グローブマスターの購入者は、オメガ コピー 激安のウェブサイトにてそのグローブマスターの各テスト結果を確認することが可能。どれだけのクオリティが保証されているか、その目で確かめることができる。
ダイアルの周囲を溝型のベゼルで滑らかに縁取りすることによって、個性的な外観を演出。ステンレススティールケースのベゼルは、傷に強い硬質金属(炭化タングステン)製なので、将来数世代にわたり、代々時計を受け継ぐことができるほど確かな品質だ。

18Kゴールドやセドナゴールド、ステンレススティールという3つの素材が主に用いられたケースに、立体的な形状が特徴のパイ-パンダイヤルを合わせた。ストラップもレザーとフルステンレスの両パターンが用意され、使用者のライフスタイルに寄り添った1点が見つけられるだろう。