「ザ・シチズン」文字板に土佐和紙を使った限定腕時計、ワニ革製の替えバンドもセットで

シチズン(CITIZEN)が展開する高級ライン「ザ・シチズン(The CITIZEN)」から、文字板に土佐和紙“雲龍紙(うんりゅうし)”を使用した限定モデルが登場。2019年5月1日(水)に発売される。

シチズンブランドの最高峰として時計の基本性能を追求する「ザ・シチズン」は、腕時計に搭載する光発電エコ・ドライブの文字板素材を研究・開発する中で、日本古来より光を取り込むために障子などに使用されてきた和紙に着目。2017年に、日本三大和紙の1つに数えられる「土佐和紙」を初めて採用した。

新作の限定モデルには、薄さと丈夫さを兼ね備えた「土佐和紙」の中でも、“雲の中を翔ける龍の様に見える”独特な繊維の流れが特徴の「雲龍紙(うんりゅうし)」を採用。「土佐和紙」ならではの質感と風合いが楽しめる仕上がりとなっている。

 
「AQ4021-51W」《限定300本》380,000円+税

光発電エコ・ドライブを搭載、年差±5秒という最高レベルの精度を実現したムーブメントが収まっているのは、流行に左右されないスタンダードなデザインのケースとバンド。いずれも軽くてキズがつきにくいシチズン独自の素材であるスーパーチタニウムを採用し、職人が手作業でザラツ研磨を行うことで、鏡のような深い輝きを放っている。

また、和紙の風合いにマッチした“ワニ革製の替えバンド”も付属しており、着用シーンに合わせてウオッチの雰囲気も変更可能だ。

from https://www.fashion-press.net/news/48731

シチズン クロスシー×エスプリークの腕時計、文字盤にルージュ&イヤリングモチーフ – 限定コスメ付き

シチズン(CITIZEN)が女性向け腕時計ブランドとして展開する「シチズン クロスシー(CITIZENxC)」のティタニア ライン ハッピーフライトから、コーセーのメイクアップブランド「エスプリーク(ESPRIQUE)」とコラボレーションしたウォッチが登場。2018年11月8日(木)から3,500本限定で販売される予定だ。

今回コラボレーションが実現したウォッチのデザインテーマは、「Dress Up For Special Time」。「エスプリーク」を象徴するピンクのドレープ模様をあしらった文字盤は、傾けるとキラキラと光るパールを配合した特別仕様。また文字盤の中には、女性のドレスアップに欠かせないネックレスやルージュといったモチーフを忍ばせた。12時と6時の位置には、イヤリングをイメージしたダイヤモンドをあしらって、煌めきをプラスしている。

そしてデザインのみならず、耐久性も重視したウォッチは、傷がつきにくい特殊素材をケースやバンドに採用。また世界4エリアで標準電波を受信して、正確な時刻を知らせてくれる高スペックな機能も搭載している。

from

https://www.fashion-press.net/news/43784

シチズン クロスシー、“八重桜”がテーマの腕時計「ティタニア ライン ハッピーフライト」限定モデル

シチズン クロスシー(CITIZEN xC)の腕時計「ティタニア ライン ハッピーフライト」から、“八重桜”をテーマにした限定モデルが登場。2019年2月6日(水)より、1,500本限定で発売される。

 

腕時計の表面をキズから守る、シチズン独自の表面硬化技術であるデュラテクト「サクラピンク」を採用したトノー型ケースの中に咲くのは、美しく花開く八重桜。白蝶貝を使用した文字板の中央に、花びらのピンク色を1枚ごとに変えた八重桜のモチーフをプリントし、見る角度により表情が異なる、美しいグラデーションを実現した。

ベースモデルの「ティタニア ライン ハッピーフライト」は、ステンレスより約40%軽く、肌にやさしく、そしてキズに強い「スーパーチタニウムTM」をケースやバンドに用いたシリーズ。その軽量性や扱いやすさはもちろん、定期的な電池交換が必要ない光発電、世界4エリア(日本・中国・ヨーロッパ・北米)で標準電波を受信する機能を備えるなど、充実の機能とフェミニンなデザインで女性の日常に寄り添ってくれる一本となっている。

「豊かな教養」「善良な教育」「しとやかさ」など、特に内面の美しさを表す、八重桜の花言葉。4月から学業や就職で新生活を始める人へのプレゼントとして、あるいは自分へのご褒美として、選択肢の一つに加えてみてはいかがだろう。

from

https://www.fashion-press.net/news/46752

シチズンのウィッカ・レグノ「ディズニーコレクション」限定腕時計、シンデレラをイメージした文字板など

シチズン(CITIZEN)の展開する「ウィッカ(wicca)」「レグノ(REGUNO)」より、ディズニーコレクションの腕時計が登場。「シンデレラ」を表現した「ウィッカ」限定モデルを2018年11月15日(木)に、「ミッキーマウス」「ミニーマウス」の「レグノ」限定モデルを11月18日(日)に発売する。

シンデレラをイメージした限定ウオッチ

ウィッカ Disneyコレクション「シンデレラ」限定ウオッチ  30,000円+税<2500本限定>
ウィッカ Disneyコレクション「シンデレラ」限定ウオッチ 30,000円+税<2500本限定>

以前にも、ディズニーアニメーション「美女と野獣」「白雪姫」の限定モデルを発表してきた「ウィッカ」。「シンデレラ」の世界観を表現した限定ウォッチは、ドレスのカラーから着想を得て、淡い水色の白蝶貝を文字板に採用。取り外し可能なチャームにも、水色のスワロフスキー・クリスタルを使用し、透明感のあるクリーンな輝きをプラスしている。

ウィッカ Disneyコレクション「シンデレラ」限定ウオッチ  30,000円+税<2500本限定>
ウィッカ Disneyコレクション「シンデレラ」限定ウオッチ 30,000円+税<2500本限定>

物語と連動したインデックスにも注目。6時位置にはかぼちゃの馬車モチーフを描き、9時から12時にかけては、シンデレラの胸の高鳴りを表すキラキラと輝くカットパーツが配置されている。また、魔法が解ける直前の11時59分にはガラスの靴をイメージしたスワロフスキー・クリスタルをセット。遊び心に満ちた繊細なディテールが華やかさを添える。

デザインに加え、電池交換が不要なソーラーテック機能や、5気圧防水を備えるなど、機能面も充実している。

ミッキーマウス&ミニーマウスが文字板に

レグノ ソーラーテック シンプルシリーズ Disneyコレクション 「ミッキーマウス」モデル
レグノ ソーラーテック シンプルシリーズ Disneyコレクション 「ミニーマウス」モデル
各22,000円+税
レグノ ソーラーテック シンプルシリーズ Disneyコレクション 「ミッキーマウス」モデル
レグノ ソーラーテック シンプルシリーズ Disneyコレクション 「ミニーマウス」モデル
各22,000円+税

「レグノ」からは、「ミッキーマウス」と「ミニーマウス」をデザインに落とし込んだ腕時計が登場。文字板のフロントに「ミッキーマウス」、「ミニーマウス」をそれぞれあしらい、その腕が時分針の役割を果たしてくれる。時間と共に刻々と変化する、スタンディングポーズを楽しめるチャーミングなデザインが魅力だ。

また、いずれもに秒針の後端にミッキーマウスアイコンを配置。さらにスクリーンデビュー日である11月18日にちなんで11時と18分の位置にワンポイントをあしらうなど、さりげないデザインが施されている点にも注目したい。

from https://www.fashion-press.net/news/44363

シチズン“幻”の時計をビューティ&ユースなどがアレンジ、当時の復刻カラーも

シチズン(CITIZEN)新作ウオッチ、コラボレーションモデルとスタンダードモデル計5型が登場。発売は、2018年11月下旬に予定されている。


スタンダードモデル(品番BM8541-82L) 25,000円+税

1974年、シチズンは、「太陽電池搭載ウオッチ」をプロトタイプとして発表した。時計は商品化されなかったが、後に、電池交換不要のシチズンを代表する「光発電エコ・ドライブ」に発展していく。

最新の「光発電エコドライブ」を搭載した新作ウオッチは、商品化されなかった“幻”のプロトタイプデザインを継承。開発当時の手描き図面を参考に、6分割された文字盤や、滑らかなカーブのケース、70年代独特の高さのあるカットガラスなどを再現した。

 
左)「ジャーナルスタンダード」モデル(品番BM8545-73E) 27,500円+税
右)「ビューティ&ユース」モデル(BM8545-90A) 27,500円+税

ラインナップは、計5型。コラボレーションモデルは、3つのモデルを用意。ケース、文字板、バンドをマットなブラックでまとめた「ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)」モデル、ホワイトの文字板にネオンカラーの夜光塗料を組み合わせた「ビューティ&ユース(BEAUTY&YOUTH)」モデル、黒をベースに、鏡面仕上げのダイアルやメタリックなインナーリングと秒針などでアレンジした「5351 プール・オム(5351 POUR LES HOMMES)」モデルが展開される。


スタンダードモデル(品番BM8541-91E) 25,000円+税

さらに、1974年のプロトタイプを再現したブルーの文字板と、ブラックの文字板の2つのスタンダードモデルも登場する。

from https://www.fashion-press.net/news/44264