カジュアルさとエレガントさを兼ね備えるシャネル コピー限定モデル

シャネル コピーは、アイコンウオッチ「J12」の2018年コレクターモデルを2月9日に発売する。

スポーティな「J12」はそれまでの常識を覆す斬新さが注目され、センセーショナルな時計として話題になった。カジュアルさとエレガントさが絶妙にマッチしたデザインで発売以来人気が高く、同モデルに用いられたシャネル 偽物のコードカラー、ブラックとホワイトは、今ではウオッチメイキングにおけるスタンダードカラーとなっている。

2018年のコレクターモデルは、上品なパステルピンクのマザーオブパールをダイヤルに採用。アクセントとして用いられたダイヤモンドまたはピンクサファイアと相まって、「J12」に柔らかでフェミニンなニュアンスが添えられている。ケース径33mmと38mmのモデルは各1200本の世界限定での展開となる。また「J12」に新たに加わった19mm径の「J12・XS」は、日本とハワイのみで展開するシャネル 時計 コピー。スポーティでモード、エレガントでアイコニックなデザインをスタイリングに取り入れて、主張のあるスタイルを完成させて。

時計業界に大きな影響力を与えた新しいシャネル 時計 コピー

シャネルが時計業界に大きな影響力を与え始めたのは、2000年に誕生した「J12」がきっかけだ。それまでは傷つきにくいという実用面がフォーカスされてきたハイテク セラミックに対して、色にこだわり、徹底的なポリッシングを施して、いつまでも褪せない美しい艶のある時計に仕上げた。つまりシャネル コピーは、時計業界に“永遠の美”という新しい価値観を取り入れたのだ。

2016年のシャネル スーパー コピーは新しい方法で、美しい時計表現を提案してきた。それが自社ムーブメント「CHANEL キャリバー1. ジャンピングアワー」の開発である。通常の時計ブランドが自社ムーブメントを開発するのは、精度などの性能向上や製品の安定供給を進めるため、あるいはブランドステイタスを高めるなどが理由となる。しかしシャネルが目指したのは、美しいメカニズムへの追及。もちろん技術的な面白さも特記事項だが、何よりも機械のレイアウトが美しいのだ。

このシャネル 偽物「キャリバー1.」は、メンズウォッチ「ムッシュー ドゥ シャネル(MONSIEUR de CHANEL)」に搭載される専用ムーブメントだ。「J12」の大成功以降も、“女性のためのブランド”という印象が強かったが、それは偉大なる創業者、マドモアゼル シャネルの影響が極めて大きいのだから当然だろう。

しかしこの自社ムーブメントの開発をきっかけに、シャネル 時計 コピーへの攻勢を強める可能性も見えてきた。「J12」を軸に時計業界を揺るがしてきたシャネルだが、メンズウォッチでも旋風巻き起こす可能性がある。今後が楽しみなブランドとして、覚えておきたい。