シャネルの人気腕時計「J12」がリニューアル、より滑らかなシルエットで視認性も向上

シャネル(CHANEL)は、新しくなった人気腕時計「J12」をバーゼルワールド 2019で発表した。発売は、2019年6月5日(水)を予定している。

“21世紀のアイコンウォッチ”と称されるシャネルの「J12」

©CHANEL

19年前に誕生した「J12」は、そのデザインを手掛けたシャネルのアーティスティック ディレクター、ジャック エリュが愛する自動車とセーリングの世界観から着想を得たスポーティーな腕時計。ウォッチメイキングの世界に革命を起こしたブラック セラミック製のボディで、“21世紀のアイコンウォッチ”とも称された。

その後、2003年にはホワイトセラミックのモデルが登場。以後変わらず、シャネルのウォッチコレクションの中でもエターナルな存在であり続けている。

ディテール部分までデザインを刷新

©CHANEL

スイスのマニュファクチュール、ケニッシ製のオリジナルキャリバー 12.1を搭載したため、少し厚みを増やしたケースは、側面にカーブを持たせ滑らかにすることで、厚さは以前と変わらないような印象に。リュウズの幅と、リュウズにあしらったセラミック製カボションのサイズを従来の3分の2に縮小することで、「J12」ならではの流れるような滑らかなラインを維持している。

また、数字やインデックスの書体も変更。ダイヤル中央のレイルウェイ目盛りを改良するとともに、新たにインジケーターを追加したことで視認性を向上した。中央部分に配置している“AUTOMATIC”と“SWISS MADE”の表記をシャネルの書体と同一のものに変え、よりシャネルらしさ溢れるデザインとなった。

さらに、時針と分針の幅は同一にし、夜光部分のサイズを変えた。ブラックモデルの白い針に黒、ホワイトモデルの黒い針に白の蓄光性夜光顔料「スーパールミノーバ」をあしらっている。

©CHANEL

COSC認定、約70時間ロングパワーリザーブを誇るキャリバー 12.1搭載

ケースバックにサファイアクリスタルを施した一体型のセラミックケースからは、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)の認定を受けた新しいキャリバー 12.1の動きを鑑賞できる。スイスのムーブメント製造会社ケニッシ(KENISSI)製の新オートマティック ムーブメントが、新たな「J12」の心臓部となっており、パワーリーザーブは約70時間を誇る。

キーラ・ナイトレイが出演するキャンペーンビジュアル公開

シャネルは、新たな装いとなった「J12」の登場にあわせて、キーラ ナイトレイをはじめ、キャロル ブーケ、ナオミ キャンベル、ヴァネッサ パラディ、リリー=ローズ デップらのシャネルとゆかりの深い9人のアイコニックな女性を起用したキャンペーンを展開。彼女たちの人生を変えた決定的瞬間について語る動画も公開されている。

from https://www.fashion-press.net/news/48413

カジュアルさとエレガントさを兼ね備えるシャネル コピー限定モデル

シャネル コピーは、アイコンウオッチ「J12」の2018年コレクターモデルを2月9日に発売する。

スポーティな「J12」はそれまでの常識を覆す斬新さが注目され、センセーショナルな時計として話題になった。カジュアルさとエレガントさが絶妙にマッチしたデザインで発売以来人気が高く、同モデルに用いられたシャネル 偽物のコードカラー、ブラックとホワイトは、今ではウオッチメイキングにおけるスタンダードカラーとなっている。

2018年のコレクターモデルは、上品なパステルピンクのマザーオブパールをダイヤルに採用。アクセントとして用いられたダイヤモンドまたはピンクサファイアと相まって、「J12」に柔らかでフェミニンなニュアンスが添えられている。ケース径33mmと38mmのモデルは各1200本の世界限定での展開となる。また「J12」に新たに加わった19mm径の「J12・XS」は、日本とハワイのみで展開するシャネル 時計 コピー。スポーティでモード、エレガントでアイコニックなデザインをスタイリングに取り入れて、主張のあるスタイルを完成させて。

時計業界に大きな影響力を与えた新しいシャネル 時計 コピー

シャネルが時計業界に大きな影響力を与え始めたのは、2000年に誕生した「J12」がきっかけだ。それまでは傷つきにくいという実用面がフォーカスされてきたハイテク セラミックに対して、色にこだわり、徹底的なポリッシングを施して、いつまでも褪せない美しい艶のある時計に仕上げた。つまりシャネル コピーは、時計業界に“永遠の美”という新しい価値観を取り入れたのだ。

2016年のシャネル スーパー コピーは新しい方法で、美しい時計表現を提案してきた。それが自社ムーブメント「CHANEL キャリバー1. ジャンピングアワー」の開発である。通常の時計ブランドが自社ムーブメントを開発するのは、精度などの性能向上や製品の安定供給を進めるため、あるいはブランドステイタスを高めるなどが理由となる。しかしシャネルが目指したのは、美しいメカニズムへの追及。もちろん技術的な面白さも特記事項だが、何よりも機械のレイアウトが美しいのだ。

このシャネル 偽物「キャリバー1.」は、メンズウォッチ「ムッシュー ドゥ シャネル(MONSIEUR de CHANEL)」に搭載される専用ムーブメントだ。「J12」の大成功以降も、“女性のためのブランド”という印象が強かったが、それは偉大なる創業者、マドモアゼル シャネルの影響が極めて大きいのだから当然だろう。

しかしこの自社ムーブメントの開発をきっかけに、シャネル 時計 コピーへの攻勢を強める可能性も見えてきた。「J12」を軸に時計業界を揺るがしてきたシャネルだが、メンズウォッチでも旋風巻き起こす可能性がある。今後が楽しみなブランドとして、覚えておきたい。