抜群の知名度を誇るオリジナルデザインのタグホイヤー 時計 コピー

抜群の知名度を誇るタグホイヤー コピー は、以前から人気ブランドだった。しかし時計業界の風雲児ジャン-クロード・ビバーがCEOに就任するや、“アバンギャルド”というブランドイメージをさらに深化させている。既存モデルのイメージを崩すことなく、より過激に、より印象的に、そして、より魅力的に進化させてきたのだ。その象徴となるのが、タグホイヤー 偽物の「モナコ キャリバー11 クロノグラフ」。

1969年に登場した「モナコ」は、角型防水ケースを使用し、さらに世界初のタグホイヤー スーパーコピー自動巻き式クロノグラフ・ムーブメント「クロノマチック」を搭載するという、アバンギャルドな時計だった。
 

ムーブメント設計の都合で採用することになった“逆リューズ”のスタイルは、その後も復刻モデルにて使用されることがあったが、タグホイヤー スーパーコピー2016年の新作タグホイヤー 時計 コピー「モナコ キャリバー11 クロノグラフ(MONACO Cal.11 CHRONOGRAPH)」にて、ついにレギュラー化が決定した。しかもマットブルーのダイアルや1、5、7、11のインデックスが横向きにするという、オリジナルデザインを忠実に再現しているのも嬉しい。

超激得安い実用的に使いこなせるタグホイヤー コピー人気モデル

「アクアレーサー自動巻 クロノグラフ」は、そんなタグ・ホイヤーの海との関わりを象徴するダイバーズウオッチとして、多くのユーザーから支持されているタグホイヤー コピー人気モデルだ。外部コネクタであるプッシュボタンを有するために、どうしても防水性が下がってしまうクロノグラフ機能を搭載しながら、300m防水という本格ダイバーズ並みのハイスペックを装備。文字盤にレイアウトされた、タテ3つ目のインダイヤルが、スポーティでスタイリッシュなイメージを与えてくれる。

また、インデックスはファセットがつけられた立体的なアプライド型。2時位置のタグ・ホイヤーロゴも、メタルパーツを植字して作り込まれており、さらにタタグホイヤー 偽物の文字盤外周やインダイヤルの内側には繊細なレコードパータンも刻印。スポーティでありながらも、高級感ただようフェイスに仕上がっている。

さらに特筆すべきはべゼルのデザインであり、外側にはエア残量計測用のミニッツ目盛りが刻まれ、内側にはクロノグラフ用の積算目盛りが刻まれている。この2つのカウンターを有する“ダブルべゼル”こそが、タグホイヤー スーパーコピー同モデルのキャラクターに、独創的なアイデンティティを付与しているといえる。
当然、ダイバーズの必須機能として、外側のミニッツ目盛りが刻まれた部分は、逆回転防止式であり、一方向にしか回転しない。3時位置にはデイデイトも装備されているため、ビジネスで着用しても実用的に使いこなせるだろう。タグホイヤー 時計 コピーの文字盤はブラック、ブルー、シルバーから、好みのカラーが選べる。