ルイ・ヴィトン新コネクテッド ウォッチ「タンブール ホライゾン」フライト時間&観光情報を配信

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)から、新作コネクテッド ウォッチ「タンブール ホライゾン」が登場。発売日は2017年7月11日(火)。

 

旅のブランドとして、バッグ、キャリー、スーツケース、小物など、トラベラーに向けたアイテムを提案し続けているルイ・ヴィトンが、新たに提案するのは新作コネクテッド ウォッチ「タンブール ホライゾン」。電話、テキストメッセージ、Eメールの着信通知、アラーム、カウントダウンタイマー、天気情報、歩数計といった機能に加えて、トラベラーに向けて2つの新機能を搭載させた。

一つは、「マイフライト(My Flight)」。フライトの時刻やターミナル・ゲート情報、フライト遅れの通知、着陸までの残り時間など、飛行機で移動する際に必要な情報をこれ1本で確認可能に。またもう一つの独自機能「シティガイド(City Guide)」も搭載。ルイ・ヴィトンが編集したタブレット・スマートフォン向けのシティガイドアプリと連動させ、世界7都市の名所、見所、最寄りのレストラン&ホテルなどの情報をリアルタイムで配信する。これら2つは、他のコネクテッド ウォッチには存在せず、旅をよりスムーズに楽しいものにしてくれるルイ・ヴィトンらしい機能。

 

またデザインは、グラファイト、モノグラム、ブラックと3つのバージョンで展開。いずれも直径わずか42mmの円形ケースで洗練された印象だ。ストラップ部分は付け替え可能で、メンズ・ウィメンズそれぞれ30種類、合計60種類を用意。ストラップとダイアルは取り変えできるので、組み合わせ次第で、自分だけのオリジナルデザインを楽しめるようになっている。

発売を記念し、カトリーヌ・ドヌーヴ、ミランダ・カーなどの12人のセレブリティが登場するスペシャルムービーが公開。日本からは市川海老蔵が出演している。

from https://www.fashion-press.net/news/32024