ロレックスグループ「チューダー」10/31から日本展開開始

ロレックスグループ「チューダー」10/31から日本展開開始
×(c)TUDOR

【10月17日 MODE PRESS WATCH】1926年にロレックス(ROLEX)の創立者ハンス・ウイルスドルフ(Hans Wilsdorf)がロレックスの技術と信頼性を備え先駆的な腕時計を創りたいという思いから誕生したスイスの腕時計ブランド「チューダー(TUDOR)」。10月31日から、伊勢丹新宿店を始めとする東京・大阪・名古屋6つの百貨店に売場を設け、象徴的な3つのコレクション「ブラックベイ(BLACK BAY)」「ぺラゴス(PELAGOS)」「ヘリテージ(HERITAGE)」を中心に複数モデルを展開する。

60年以上に渡るダイバーズウォッチの歴史が結集した「ブラックベイ」シリーズからは、クロノグラフモデルの「ブラックベイ クロノ」、ブロンズケースの「ブラックベイ ブロンズ」、GMT機能を搭載し、発表されたバーゼルワールド2018で話題となった「ブラックベイ GMT」、ブランド初のダイバーズウォッチの面影をもつ「ブラックベイ フィフ ティーエイト」など、代表コレクションらしく様々なバリエーションで展開される。いずれのモデルも、パワーリザーブ約70時間、200mまでの防水性能を誇り、完全自社開発・製造の機械式ムーブメントを搭載した。

水中冒険家たちからライフスタイルの象徴とされた本格ダイバーズウォッチ「ぺラゴス」。最も特筆すべきはチタニウム製ブレスレットに施されたスチール製フォールディングクラスプ。このクラスプには、チューダーが開発・特許を取得したスプリングのメカニズムが搭載され、ダイビング中のブレスレットの自動調節を可能にする。

かつてコレクターたちが熱狂的に愛したモデルに新技術と機能を加えた「ヘリテージ」からは、カジノのルーレット盤を思わせるダイヤルデザインで “モンテカルロ” の愛称で呼ばれる「ヘリテージ クロノブルー」と、アワーマーカーの形が野球のホームベースを連想させることから“ホームプレート”のニックネームが付けられている「ヘリテージ クロノ」を展開。有名なクロノグラフモデルを現代に蘇らせた。

時計の中心価格帯は、30万〜40万円台。チューダーが先駆けて取り入れたという上質なファブリックストラップも各モデルに用意された。日本の時計市場で新勢力となるのか、今後の展開に引き続き注目だ。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3193362