ブルガリの腕時計「ルチェア」新作、スケルトンのダイアル&ダイヤモンドのラグジュアリーなモデルなど

ブルガリ(BVLGARI)は、ウォッチコレクション「ルチェア」より新作腕時計「ルチェア スケルトン」「ルチェア トゥボガス」を発売。

ルチェア スケルトン

「ルチェア スケルトン」は、スケルトンの文字盤から、緻密に組まれた機械式タイムピースを見ることのできる、大胆でプレイフルなデザインの腕時計。ブルガリのロゴをデザインの中に融合させた、史上初のスケルトンウォッチだ。

スイスにあるブルガリのル・サンティエ マニュファクチュールで、手作業によって作られた複雑なスケルトンムーブメントは、ブルガリならではのクラフツマンシップとクリエイティビティを感じさせる。

「ルチェア スケルトン」SAP102833 3,280,000円+税
「ルチェア スケルトン」

また、レッドでコーティングした針がオープンワークのダイアルを彩り、リュウズに施したカボションカットのジェムストーンと調和。ダイアルを囲うようにダイヤモンドをあしらったモデルは、よりラグジュアリーな表情を見せる。

ルチェア トゥボガス

「ルチェア トゥボガス」は、ブルガリのアイコニックな「トゥボガスブレスレット」を施したモデル。金属を織り上げたようなガスパイプに似ていることから名付けられた「トゥボガスブレスレット」は、スチールの芯をゴールドやスチールでくるんだ長いバンドで形作られている。複雑な工程を経て作られた、しなやかな着け心地が魅力だ。

「ルチェア トゥボガス」SAP103034 4,200,000円+税
「ルチェア トゥボガス」

「ルチェア トゥボガス」は、合計5型を展開。ピンクゴールドのモデルには、ベゼルの周囲とブレスレットにダイヤモンドをあしらい、輝きに満ちたデザインに仕上げている。5型とも、アワーマーカーはダイヤモンドで仕立てられ、リュウズには鮮やかなピンクのジェムストーンが施されている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/42162

オメガ、人気の「スピードマスター CK2998」から限定モデル、脈拍数を計測できるパルスメーター搭載

オメガ(OMEGA)は、人気の「スピードマスター CK2998」を進化させた新作「スピードマスター CK2998 パルスメーター」を2018年6月より世界限定2,998本で発売する。

「スピードマスター CK2998」は、1959年の発表以来、ヴィンテージ「スピードマスター」の中でも世界で最も人気を誇るモデルのひとつとして、ウォッチ愛好家から時代を問わず根強い支持を得てきた。そんな世界のウォッチコレクターをも唸らせる同モデルをアップデートし、誕生したのが「スピードマスター CK2998 パルスメーター」。その名の通り、最も特徴的なのは、ベゼルに搭載された1分間あたりの脈拍数を計測できるパルスメーターだ。

また、ブラックを基調にしたシックなビジュアルも魅力。3つのサブダイアル、そしてポリッシュ仕上げのセラミック製ベゼルまですべてブラックで統一して、シルバーのダイアルを際立たせた。その上でブラックの時針と分針、艶やかなレッドの秒針が時を刻み、指針の先には暗闇の中で光るスーパールミノヴァを塗布したブラックのインデックスが配置されている。ストラップは、ブラックのパンチング レザーで、内側にホワイトラバーを忍ばせた。

なお、ケースの裏面には“SPEEDMASTER”と“Ω”ロゴをエンボス加工、“LIMITEDEDITION”と限定番号を刻印している。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/40292

TASAKI (タサキ) 初の高級腕時計コレクション「TASAKI TIMEPIECES」が始動

© TASAKI

ハイジュエラーTASAKI (タサキ) が、腕時計市場に本格参入する。ブランド初となる高級腕時計コレクション「TASAKI TIMEPIECES (TASAKI タイムピーシーズ)」は、8月5日 (水) より伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージで開催される「2015 ウオッチコレクターズウイーク」で初お披露目された後、8月12日 (水) よりTASAKI 銀座本店で展開スタート。

「TASAKI TIMEPIECES」は、日本をオリジンとするTASAKIのアイデンディティを生かし、すべてがJAPAN MADE。独創的なステップベゼルが特徴の、メンズとレディスの両モデルをラインナップした「Odessa (オデッサ)」シリーズをはじめ、TASAKIを代表するジュエリーシリーズのデザインを高級腕時計のデザインに昇華した「refined rebellion (リファインド リベリオン)」、しなやかに体をくねらせる蛇のような曲線で構成された「serpentine (サーパンタイン)」の3シリーズ、全11型で始動する。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-news-event/43191

オメガ腕時計「レイルマスター」を復刻、新たなムーブメントでより高い精度にアップデート

オメガ(OMEGA)は、1957年のモデルを復刻した腕時計「レイルマスター」を発売。

「レイルマスター」は、1957年当時は鉄道員など電界の近くで働く人々に向けて作られた、当時より高い耐磁性と精度を誇っていたモデル。今回発売されるモデルは、オリジナルのシンプルで優雅なデザインはそのままに、新たな機械式ムーブメント「コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8806」を搭載することで、性能をアップデート。現代最高水準の耐磁性によって、より高い精度で正確な時刻をキープする。

また、文字盤も一新。ブラッシュ仕上げを施し、埋め込み型インデックスには夜光塗料のヴィンテージ スーパールミノヴァを使用。さらに、線路を思わせるミニッツトラックや、オメガの精度を象徴する“十字”、ナイアードロックで固定されたシーホースのメダリオンが刻印されたケースバックなど、ディテールにもこだわりが光る。

 

グレーダイアルのタイプは一体化型ステンレススティール製ブレスレットか、ブラウンのレザーNATOストラップ、ブラックダイアルのモデルは、ステンレススティール製ブレスレットもしくは、ブラックのテキスタイルストラップから選択可能だ。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38299

オメガ“ウルトラマン”限定時計「スピードマスター」ライトで照らすとシルエットが浮かび上がるダイアル

オメガ(OMEGA)は、限定腕時計「スピードマスター “ウルトラマン” リミテッド エディション」を2,012本世界限定で発売。オフィシャルサイト専用予約ページより予約を受け付ける。

限定ウォッチ「スピードマスター “ウルトラマン” リミテッド エディション」は、円谷プロダクションが制作した特撮シリーズ『ウルトラマン』のヒーローとコラボレーションしたモデル。オメガの1967年のモデル「ムーンウォッチ」のDNAを受け継ぎながらも、遊び心をふんだんに取り入れた仕様が魅力となっている。

秒針はオレンジにカラーリングされ、3時位置に配したミニッツカウンターの最初の3分間も、ウルトラマンが3分間しか変身していられないことにちなんでオレンジ色で示されている。さらに、9時位置のスモールセコンドには、隠された仕掛けが。時計に付属するストラップ交換用ツールに施されたUVライトでダイアルを照らすと、ウルトラマンのシルエットが浮かび上がってくる。

ストラップは、センターにオレンジのラインを配したブラックのNATOストラップと、ブラックのレザーストラップの2種類が付属されており、気分に合わせて付け替えることができる。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/41261

Dior Fine Jewelry (ディオール ファイン ジュエリー) の Rose des Vents (ローズ デ ヴァン) コレクションにウォッチが登場、最新ムービーも到着!

Dior Fine Jewelry (ディオール ファイン ジュエリー) のアイコンジュエリー、Rose des Vents (ローズ デ ヴァン) コレクションに、ウォッチ「 LA MINI D DE DIOR ROSE DES VENTS (ラ ミニ デ ドゥ ディオール ローズ デ ヴァン)」が誕生した。繊細なマザーオブパールとマラカイトの文字盤、べゼル、バックル、クラウンにはダイヤモンドが装飾され、ファイン ジュエリー クリエイターのヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの遊び心と詩的な世界が表現されている。

 

持ち主の人生を正しい方向に導いてくれるお守りのような時計「 LA MINI D DE DIOR ROSE DES VENTS」の誕生を祝し、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌが描く Rose des Vents  (ローズ デ ヴァン) アニメーションシリーズより「LA MINI D DE DIOR ROSE DES VENTS (ラ ミニ デ ドゥ ディオール ローズ デ ヴァン)」のムービーも登場。「タイムトラベル」をテーマにヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌは、ムッシュ ディオールと共に時空を超えた楽しい旅の模様を描いている。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/113776

アナログな外見にハイテクな機能、Emporio Armani (エンポリオ アルマーニ) から初の “ハイブリッド スマートウォッチ” がローンチ

Emporio Armani (エンポリオ アルマーニ) から初となるスマートウォッチがデビューする。115日より国内でローンチするエンポリオ アルマーニ コネクテッドから「ハイブリッド スマートウォッチ」が5種類発売になった。昨今ますます勢いを見せるウェアラブルデバイスの中でも、今回 Emporio Armani が打ち出したのは、クラシックなスタイルにテクノロジーを融合させたハイブリッド スマートウォッチ。既存のタイムピースコレクション同様、ステンレス・スティールやローズ・ゴールド、ガンメタルで仕上げられたスリークなラウンドフェイスは、BLUETOOTH® 経由でスマートフォンと連動することで「セカンド・タイム・ゾーン」表示の時計や電話やメッセージの通知、ポータブルオーディオ、アラーム、紛失したデバイスの捜索アプリ、そしてワイヤレスでコントロール出来るスマートフォンのシャッターなど様々な機能へと変身を遂げる。

「今日、テクノロジーは私たちの日常に圧倒的な影響を与えています。あらゆるアプリが存在し、多くの場合、それらは実際に私たちの生活を向上させる発明となっています。ハイブリッド スマートウオッチを世に送り出すという事は、Emporio Armani が常に、技術革新の第一線にいるブランドとして存在していることを示すものです。この時計はスタイルの追求、高度な技術コンテンツ、即時性、使い易さを兼ね備えています」と語るのは Giorgio Armani (ジョルジオ・アルマーニ) 氏。スマートウォッチは気になるけど、あの色気の無いデザインには抵抗がというワガママな人にこそオススメしたい、ファッションコンシャスなウェアラブルガジェットの誕生だ。

転載サイト:http://fashionpost.jp/business/business-tech/85322

未知なる深海に想いを馳せて、Omega (オメガ) から「シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック」が発売

Omega (オメガ) のアイコニックなダイバーズウォッチ、「シーマスター プラネットオーシャン」から新作となるディープ ブラックモデルが発売される。600mという防水性能の同シリーズでは、今回初の試みとしてセラミック製のねじ込み式シースルーケースバックを採用。ムーブメントには、スイス連邦計量、認定局 (通称 METAS) によって新たに制定された機械式時計の精度を示す「マスター クロノメーター」を取得したキャリバー8906が搭載されている。

グロッシーとマットという異なるフィニッシングのブラック セラミックを使用した「シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック」は、4色のカラーバリエーションで展開。ダイバーズウォッチらしく、それぞれのカラーにも未知なる深海のストーリーにインスピレーションを受けたストーリーが詰まっている。まず象徴的なレッドは、水深 5m の環境において色が見えなくなり、ウェットスーツと同化していく色合いを表現したという。そして更に深く、水深 275m まで潜ると光の透過生によって見えなくなるのが、ブルー。最後水深 300m まで達すると、同コレクションのブラックモデルのように、そこには地上の光が一切届かない漆黒の世界が広がるという。そこで光を放つのが、蓄光性のスーパールミノヴァのコーティングを施した針。静謐でありながら力強いデザインは、また同時に Omega ならではの高い技術と精度の結晶でもある。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/74929

バーゼルワールド2016決定版、Dior Timepieces (ディオール タイムピーシズ) の作り出すクチュール時計

世界中に独創的な時計メーカーやハイジュエラーは数多くあれど、Dior Timepieces (ディオール タイムピーシズ) ほどクチュールの世界観を表現するメゾンはほかに無いだろう。一着のドレスで世界を変えたムッシュ・ディオールの DNA を現代に受け継ぐクリエイションは、時に優美なウエストラインを描くバージャケットのように繊細に、そして時にフロアレングスのソワレのように大胆不適。そして3月にスイスにて開催されたバーゼルワールド2016では、人気のアイコンウォッチをドラマティックに再解釈したモデルや、ファインアートさながらの美麗さを極めたユニークピースが発表された。

「ディオール ユィット グランバル カンカン」(PG、ブラックセラミック、ダイヤモンド、フェザー、ダークブルーアリゲーターストラップ) ¥ 7,147,000 ※世界限定88本

Dior (ディオール) のメゾンがオープンした1946年の108日、デビューコレクションのタイトル「En Huit (オン・ユィット)」、そして彼が自らのアトリエを構えたパリの住所、アヴェニュー・モンテーニュの8区。メゾンにおけるラッキーナンバー、「ユィット (フランス語で8)」を冠した「Dior VIII (ディオール ユィット)」は、言わば Dior Timepieces (ディオール タイムピーシズ) における真っ白なキャンバスだと言えるだろう。

そのシンプリシティを極めたラウンドシェイプには、ファッションデザイナーとして時代を築いたムッシュ・ディオールが、その一方で建築家になることを長年夢見ていたというストーリーにも通ずるフォルム美学が詰まっている。そして今回、バーゼルワールド2016において新たに登場した「Dior VIII Grand Bal (ディオール ユィット グランバル)」では、キャンバスの上をラッカー、フェザー、そしてプレシャスストーンが繰り広げる絢爛な世界観を創り出している。

中でも注目は、ダンスに着想を得て製作された「ディオール ユィット グランバル カンカン」。ピンクゴールドとダイヤモンドが優美な輝きを讃えるダイヤルの上には可動式のローターが配され、さらにその上には色とりどりのフェザーが渦巻き状にあしらわれている。高度な技術を要する象嵌技巧である「マルケトリ」によってダイヤル上を浮遊するフェザー装飾は、さながらロートレックの描くカンカンダンサーのようなデカダンな舞いを見せる。

「ディオール ユィット グランバル カンカン」(PG、ホワイトセラミック、ダイヤモンド、フェザー、ネイビーブルーアリゲーターストラップ) ¥ 7,147,000 ※世界限定88本

構築的なフォルム、モダニティ、シルエット美学。「ディオール ユィット」が継承するこれらのメゾンコードを大胆な創造性によって打ち破った新作モデル、「Dior VIII Grand Bal Ondine (ディオール ユィット グランバル オンディーヌ)」。ブルー、ピンク、そしてイエローサファイア、ツァボライトガーネット、ホワイトダイヤモンド、そしてアメジストなど色とりどりのプレシャスストーンをスノーセッティングであしらったダイヤル。その上を自在に動き回るローターは、まるで液体を流し込んだようなフリューイッドな質感を湛えている。流れるようなラインと予測不可能な動きのあるデザイン、そして類稀なる輝き。オートクチュールのサヴォアフェールを礼賛するハイジュエリーウォッチ、「ディオール ユィット グランバル オンディーヌ」は全12点、それぞれ世界で1本だけのユニークピースだ。

ガガミラノ コピー時計

イタリアのベイラーにして、ガガミラノコピーはオシャレなタイプとして有名になる。そこで奇跡的なパートナーシップが実現し、「ガガミラノ(gaga milano)」が誕生した。

モチーフとなったのは、白いエナメル文字盤を持つ、かつてのガガミラノスーパーコピー製のヴィンテージ・タイムピース。このダイアルをホワイトラッカーで再現し、12時のインデックスは伝統に則って赤くペイントされている。また6時位置のスモールセコンド両脇には、同じ赤いペイントで“BRYAN FERRY”という表記も施され、これが彼のシグネチャー・モデルであることを示している。

ガガミラノ 偽物時計の針はこのタイムピースのクラシカルな雰囲気に合わせて、ブルースチール(青焼き)仕上げのブレゲ・ハンドを採用。 またストラップも、このモデルの端正さに似合うブラウンのカーフを採用している。これは世界限定100本の稀少モデルであり、ケースのムーブメント側には“LIMITED 100 PCS”と刻印されている。